fbpx

バリュー投資はじめの一歩~PERとPBRの本当の意味と使い方=栫井駿介

PBRは「資産の質」が重要。PBRの本当の意味

PERと同様に、PBRは以下のように定義されています。

1株当たりの純資産に対し、株価が何倍まで買われているかを表したのが株価純資産倍率(Price Book-Value Ratio)です。株主には、株式会社が解散したとき、持ち株数に応じて残された会社の資産を分配してもらう権利があります。この対象となるのが純資産です。つまり株主のものに帰す資産といえます。1株当たりの純資産は、純資産を発行済株式数(発行済株式総数-自己株式数)で割って算出します。

出典:「PBR」の意味と使い方を教えてください。 – 日本証券業協会

計算式で表すと「株価÷1株あたり純資産(BPS)」または「時価総額÷純資産」です。

「純資産」とは、会社が持っている資産から負債を引いたものです。これは株主の持ち分とされています。図で表すと以下のようになります。

160419kakoishunnsuke_eye

要するに、今この瞬間会社が解散するとしたときに、資産を全て売却して現金化し、負債を払い終わったら株主にいくら残るかというのが純資産です。実際にそういうことは起こりませんが、少なくとも会社にそれだけの価値はあるという考え方です。

ここで問題となるのが、資産を売却した際にどれだけ現金化できるかということです。

土地や株式は帳簿に乗っている価格に近い値段で売却できるでしょう。しかし、例えば工場はいざ売ろうと思っても、普通はその会社の製品しか作れませんから、大幅に安く売らざるを得なくなります。場合によっては価値ゼロということもあり得ます。

PBRの使い方

会社における資産の性質を考えると、PBR1倍が株価の下限になるとは必ずしも言えません。極端な話、資産が全て現金の会社であれば間違いなくPBR1倍の価値はありますが、そのような会社はないでしょう。

PBRを使うときに重要なのは「資産の質」を見極めることです。土地や株式など、換金性の高い資産が占める割合が高い会社は資産の価値が株価の下支え要因になり得ます。そのような会社のPBRが1倍を大きく下回っていたら割安な可能性があるということです。

PERもPBRも、全て厳密に考える必要はありませんが、基本的な意味をおさえておけば、数字のマジックにだまされることなく割安な株式を見つけることができるでしょう。

【関連】金持ち父さん ロバート・キヨサキの「2017年市場クラッシュ」予測

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2016年4月15日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー