fbpx

3月株主優待「10万円以下」で買えるベスト3はこれ!約800銘柄からプロが厳選=トコタン

3月のおすすめ優待銘柄 その3:サン・ライフホールディング<7040>

サン・ライフホールディングは、神奈川県や都下地盤の冠婚葬祭大手の持株会社で、葬儀を柱に婚礼・ホテルや介護も手がけています。

こちらの株主優待は、保有株数に応じて自社施設の利用優待券などが頂けます。

《優待銘柄情報》
サン・ライフホールディング<7040>
最低単元購入価格:8万2,900円(※3月22日終値)
権利付き最終日:3月末
《優待内容》
①サン・ライフグループ施設ご利用券(1,000円券)
②ホテル宿泊(50%引き)と飲食(10%引き)ご優待券
③介護・福祉用品ご優待券(購入金額の10%引き)
④自分史編纂ご優待券(10%引き)
⑤サン・ライフオリジナル「スパークリングワイン」
⑥株主様への割引特典
  婚礼:衣裳(15%引き)、料理・飲物(5%引き)
  葬儀:斎場使用料・祭壇(20%引)

100株以上 ①3枚+②1枚+③1枚+④1枚+⑥
1,000株以上 ①30枚+②2枚+③2枚+④1枚+⑤引換券1枚+⑥
※ご希望の株主様には、①3枚と⑤との引換が可能(1,000株以上の株主様は不可)

こちらの優待品の中に、サン・ライフオリジナル「スパークリングワイン」がありますが、金箔入りのスパークリングワインをいただけました。コロナ禍でなかなか大人数が集まっての宴会や会食などはできませんが、自宅でちょっとリッチな気分を味わうことができます。

210322tokotan_sunlife

こういう時期だからこそ、自宅で楽しめる優待品のありがたみをこれまで以上に感じられて優待品の考え方も見直しするいい機会なのかもしれませんね。

以上が3月権利銘柄の優待で、10万円以下で買えるおススメの3銘柄をご紹介させて頂きました。

私が銘柄を選ぶ基準のひとつとして、純粋にいただける株主優待に「お得感があるか」「魅力的であるか」であり、必ずしも企業業績を考慮している訳ではありません。投資をされる際の判断は自己責任にてお願いいたします。

【関連】日経平均はお役御免、TOPIXの「主役化」で日本株はどう動く? 3月末まで大荒れも再上昇に向けた調整期間か。海外勢の売り浴びせ要警戒=江守哲

【関連】ビットコインは年内1000万円も。昨年末時点で500万円到達を言い当てた専門家の展望。3つの急落材料とDeFi・NFTの最新動向も解説=大平

【関連】LINE・ヤフー統合は日本復活の起爆剤。孫正義の打倒GAFAに現実味、鍵を握る4分野とは=馬渕磨理子

image by:takayuki / Shutterstock.com
1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2021年3月22日)
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー