fbpx

緊急事態宣言で日経平均株価が「年末3万3000円」に向かうワケ。天与の買い場まであと500円=藤井まり子

ヘリマネばら撒きで株価上昇へ

1月から3月にかけての緊急事態宣言発動を振り返ると、政府が宣言発動を決定するまでは株価は軟調」でしたが、いざ実際に政府が宣言発動を決定すると、その後は株価は上昇へ転じました。

緊急事態宣言が発動されれば、休業補償などの「いくばくかのヘリマネ」がばら撒かれるからです。

日本企業は「中国離れ」が必要

国内の新型コロナ変異種の感染問題がひと山超えても、「日中関係の悪化」への懸念がまだ残っています。

日米首脳会談で、
・中国の革新的利益である台湾や尖閣などの領海・領土問題に切り込んだ
・ウイグルの人権問題の切り込んだ
ことが、中国政府の神経を大きく逆なでしました。

中国依存を深めていた日本企業が、中国本土で不買運動などのボイコットを受けるのではないか?といった懸念があります。

今のところ、スウェーデンのアパレルメイカー「H&M」がその格好の例です。すなわち、一民間企業のケースでは、目下のところ、北京政府は極めて現実的な対応に徹してくれています。

H&Mは「ウイグル地区で製造された安価な綿製品は使用しない」と世界に先駆けて宣言したので、今、中国国内で激しい不買運動に遭遇しています。

すなわち、目下のところは、たとえ国家間で緊張が走っていても、一民間企業の場合は、その企業がダイレクトに中国批判を行わない限りは、「不買運動などのボイコットは受けない」ということになります。

中国政府も国内雇用は大事ですからね。

もちろん、もっと中長期で眺めると、今後米中の対立はますます激しさを増してゆくものと予測されます。日本企業も今後は少しずつ「中国離れ」をしていく必要があります。

今まで「中国依存」を深めることで成長してきた企業は、当面は苦しい選択を迫られることになります。

続きはご購読ください。

【要注意】資産形成および投資は、必ず「自己責任」でお願いします。この記事は藤井まり子の個人的見解を述べたもので、当メルマガ及び記事を読むことで何らかの経済的及び精神的被害を被ったとしても、当方は一切責任を負いません。

<メルマガ購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2021年4月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年4月配信分
  • 日経平均は2万5,000円ラインを大きく下回り続けることは、ない!?(4/23)
  • 日本株式市場の憂鬱~今の日本株式市の上昇を阻む「三つの壁」(4/20)
  • 「ダウ4万ドル、日経平均4万円」への道と、 米中間の通貨覇権をめぐる「通貨高競争」(?)(4/16)
  • 「ダウ:4万ドル」へGo!~「大きな地殻変動」が始まった!(4/13)
  • 「強気」へ大きく方針転換!♪グローバル規模での株y高はまだまだ続く(4/12)
  • 残念ながら、アメリカでは「株価が大変好んだコロナ禍」は終わろうとしている(4/9)
  • 「強気派」と「弱気派」の間で揺れ動く内外の株式市場(4/6)
  • 「強気派」と「弱気派」の激しい意見対立の中で、乱高下する内外の株式市場(4/2)

いますぐ購読!


※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2021年4月23日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】「日本円の現金保有は最悪の選択」ジム・ロジャーズ、レイ・ダリオら警告=花輪陽子

【関連】PayPayの独走は「LINEの毒」が回って終わる。キャッシュレス戦争は四つ巴に=岩田昭男

【関連】「投資系YouTuberの7割はウソ」金融の専門家が警告、海外金融商品に落とし穴=俣野成敏

image by:PopTika / Shutterstock.com
1 2

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2021年4月23日号)より一部抜粋、再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー