fbpx

米石油パイプライン攻撃は序章、次の標的は?脅迫者と技術者の“分業”で脅威増すサイバー攻撃=江守哲

中国が世界最大の軍事国家に

世界最大の軍事国家である米国の軍事費は推定7,780億ドルで、前年から4.4%増加。世界の軍事費総額の39%を占めたという。米国の軍事費は、7年にわたって減少し続けたが、その後は3年連続で増加している。トランプ政権下では軍事費が減少する可能性もあったが、結果的に増えていることになる。戦争はしなくとも、軍事費は削っていなかったことになる。

一方、2位の中国の軍事費は推定2,520億ドルで、前年から1.9%増加した。中国の軍事費は26年連続で増加しており、SIPRIのデータベースでは最長という。中国は今後も軍事費を拡大させるだろう。

一部にはすでに米国を抜いて世界最大の軍事国家になっているとの指摘もある。真偽のほどは定かではないが、そのような規模になりつつあることだけは確かであろう。

世界的には、米中戦争突入のリスクが高まっているとの議論がある。これも確かであろう。何をもって戦争に突入するかはいろいろ議論が分かれるところであるが。一般的には台湾問題がきっかけになるとみられている。実際にそうなるかはわからないが、今後20年間の最大のリスクであることに変わりない。

米中関係悪化の間にインドが台頭してくる

そこに割って入ってくるのがインドであろう。

インドはいまのところ、米国側である。対中政策もあり、そのような位置づけにしておいたほうがよいとの考えがあるのだろう。インドはいまコロナ感染拡大で苦しんでいる。動けないといったほうが正しいだろう。

そもそも、インドは元から情報があまり出てこない。したがって、実態がわかりづらい。これは、インドサイドからすれば大きなメリットであろう。今後何が飛び出すのか、国際社会での位置づけをどのようにもっていくのか。非常に興味深い。

インドは2040年の主役である。この20年間、世界は大きく変わっていくだろう。しかし、それはこれまでの延長線上とは違う世界の構築が始まるのだと理解している。多くの人は米中関係を注視している。しかし、これからの20年間では、その間にインドが大きく台頭してくる。世界地図も変わってくるだろう。

インドは英語圏であり、IT技術者が多いことで知られている。ここまでは常識である。国も大きく分断しているような形であり、まとまりがあるようには見えない。しかし、それでもこれからはインドが世界経済をけん引することになるだろう。

インドに注目しておくことは、今後20年間の世界情勢を占ううえで、きわめて重要なポイントになる。米中戦争にも目を向けつつ、ロシアの動向も気に賭けながらも、今後はインドの情勢にもぜひ同じレベル感で見ていくようにしたいと考えている。

続きはご購読ください。初月無料です

・先進国の対中包囲網は機能せず
※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 5月配信済みバックナンバー>

※2021年5月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年5月配信分
  • 「先進国の対中包囲網は機能せず」(5/14)

いますぐ初月無料購読!


本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2021年5月14日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

2021年4月配信分
  • 「米国の威信が問われる情勢」(4/23)
  • 「米中対立に日本はどう対処するのか」(4/9)

2021年4月のバックナンバーを購入する

2021年3月配信分
  • 「バイデン政権の外交は最悪の船出」(3/26)
  • 「バイデン政権の外交政策を理解する」(3/12)

2021年3月のバックナンバーを購入する

2021年2月配信分
  • 「イランの揺さぶりは危険な兆候」(2/26)
  • 「バイデン政権には困難しかない」(2/12)

2021年2月のバックナンバーを購入する

2021年1月配信分
  • 「バイデン新政権誕生」も多難な船出(1/22)
  • 「トランプ劇場」の終末(1/8)

2021年1月のバックナンバーを購入する

2020年12月配信分
  • 「コロナに振り回された一年も終わる」(12/26)
  • 「バイデン政権は中国に屈する」(12/11)

2020年12月のバックナンバーを購入する

2020年11月配信分
  • 「バイデン政権も中国を止められない」(11/27)
  • 「バイデン氏の勝利確定までは紆余曲線」(11/13)

2020年11月のバックナンバーを購入する

2020年10月配信分
  • 「米大統領選挙はトランプ氏の勝利へ」(10/23)
  • 「トランプ大統領がコロナに感染」(10/9)

2020年10月のバックナンバーを購入する

2020年9月配信分
  • 「米中対立は真の戦争に発展か」(9/25)
  • 「中国の脅威」に怯える米国(9/11)

2020年9月のバックナンバーを購入する

2020年8月配信分
  • 「安倍首相が辞意」(8/28)
  • 「米中対立の末路は米国にとって悲惨な結果に」(8/14)

2020年8月のバックナンバーを購入する

2020年7月配信分
  • 「米英同盟はこのまま沈没するのか」(7/24)
  • 「トランプ大統領は末期症状」(7/10)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • 「北朝鮮は学習しない」(6/26)
  • 「トランプとともに沈みゆく米国」(6/12)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • 「ますます追い込まれる米国」(5/22)
  • 「200年ぶりの大変革が起きるのか」(5/8)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • 「米国の怒りと新秩序への序章」(4/24)
  • 「新型コロナウイルスと米大統領選の行方」(4/10)

2020年4月のバックナンバーを購入する

2020年3月配信分
  • 「新型コロナウイルスはとんでもない大事件」(3/27)
  • 「新型コロナウイルスの影響は甚大」(3/13)

2020年3月のバックナンバーを購入する

【関連】「日本円の現金保有は最悪の選択」ジム・ロジャーズ、レイ・ダリオら警告=花輪陽子

【関連】この春、日本に必要なのはワクチンよりも「給料アップ」だ!賃上げ必須の2大理由、迫るタイムリミット=斎藤満

image by:thinkhubstudio / Shutterstock.com
1 2 3 4

江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』(2021年5月14日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

[月額880(税込) 毎月 第2金曜日・第4金曜日(年末年始を除く)]
このメールマガジンでは、国際情勢や国内外の政治情勢の「真の背景」を読み解きます。経済は政治で決まり、政治は国の組織が決めます。そして、すべてのことがシナリオに基づいて動いています。しかし、その舞台裏は意外とシンブルです。それらの「真の背景」を理解すれば、すべてが面白いように見えてきます。毎月第2・第4金曜日にお届けするこのメルマガでは、これまで世界各国の人間と仕事をしてきた経験と人脈から、マスコミが報じることができない独自の見解をお届けします。ビジネスマン、投資家、学生など、様々な立場のひとにとって有益な情報となるでしょう。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー