fbpx

今夜の米雇用統計でテーパリング時期が見えてくる。ドル円は強気にロングが吉=ゆきママ

今夜のレンジ想定は1ドル=109.50~110.50円

具体的なトレード戦略としては、現状の水準からロング(買い)で入り、109.50円を背に買っていくイメージです。

目先高値の110.40~110.50円は重くなりそうですが、株安が加速しなければ、もう一段も期待できそうで、重くなるなら一旦半分ぐらい利益確定をして、様子を見ながら利益を伸ばしていけば良いでしょう。

というわけで、今回はやや弱い結果が出る可能性を懸念しつつも、トレードとしてはロングで勝負したいところ。

弱ければ弱いなりに、株式市場はそれを好感して株高になって円売りが支えそうですし、ドル安が進んでいる分、下値リスクは小さそうですからね。

【関連】国が勧める「NISA」の真実。非課税にしてまで政府が手に入れたいもの=俣野成敏

【関連】「安すぎる」地銀株は買い時か?納得の不人気理由、あえて買う人に教えたい投資戦略3つ=栫井駿介

【関連】第3のビールより美味い『ビアリー』爆売れ、アサヒの業績への影響は?“微アルコール0.5%”で国内6000万人市場開拓、逆風を追い風に=馬渕磨理子

image by:Creativa Images / Shutterstock.com
1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2021年9月3日)
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー