fbpx

アベノマスク115億円分が死蔵状態、福祉施設に“大量押しつけ”疑惑も。検証されぬコロナ失政、発注めぐる疑惑も闇の中

2020年4月以降に全世帯に向けて配られた“アベノマスク”などの布マスクに関して、今年3月の時点でなんと8,000万枚以上が配られていなかったことが判明した。

会計検査院が調べたところによると、国が調達した計2億9,000万枚のうち、3割近い約8,300万枚(約115億1,000万円相当)が、今年3月末時点で配布されず倉庫に保管されていたとのこと。平均単価から計算すると、総額でおよそ115億円相当の余剰にくわえ、保管にも昨年8月~今年3月の間で約6億円が掛かっているという。

この件に関して、磯崎官房副長官は「おおむね事実」と報道を認めており、当時急増していたマスク需要の抑制の観点からも、調達は「適切だった」との認識を示しているという。

大量在庫の布マスクを福祉施設に押しつけ画策か

今回取沙汰されている未配布の布マスクだが、その内訳は福祉施設や妊婦向けに配られる予定だったものが約7,900万枚、全世帯向けのいわゆるアベノマスクが約400万枚にのぼるとのこと。

コロナ禍に突入してしばらくは、マスクが全く市場に出回らない時期が長く続き、そういったマスク不足の状況を解消すべく、政府が全世帯に向けて配布することを決めたアベノマスク。しかし、大人の男性などが着用するには微妙に小さいサイズ感で、なかには虫の混入やカビの付着といった不良品も混ざっていたというお粗末ぶり。

そのうえ、全戸配布前には不良品がすでに発見されていたにも関わらず、政府は公表せずに配布に踏み切っていたことも、多くの批判が寄せられる格好となった。

さらに昨年7月下旬には、障がい者施設や介護施設などを対象に、布マスク約8,000万枚を追加で配布することを政府が発表。しかし、すでにその頃にはマスク不足はほぼ解消されており、施設側からも「ありがた迷惑」「現場の状況を知らないのでは」といった声があがったこともあって、ほんの数日後に追加配布を見送るというドタバタ劇もあった。

今回、未配布が判明した布マスクのうち、福祉施設や妊婦向けに配られる予定だったものが、奇しくも上記の追加配布分の枚数とほぼ等しい約7,900万枚だったということで、恐らくはこの配布見送りによって宙に浮いた布マスクが、ほとんどそのままの状態で保管されたままになっているとみて間違いなさそう。

さらに言えば、政府は大量の布マスク在庫を一掃させるために、障がい者施設などに半ば無理やりに押し付けようとしていた、とも言えそうだ。

数々の“アベ友疑惑”には徹底的に蓋をする自民党

いっぽうで政府による布マスクの調達に関しては、その受注先を巡ってひと悶着あったことも記憶に新しい。

当時の政府は受注した業者のうち、伊藤忠商事や興和、マツオカコーポレーションは早々に公表していた。しかし、頑なに非公表とした業者がひとつ存在し、野党側やマスコミからは「もしやアベ友企業では?」「公明党を支持している企業では?」などとの様々な憶測が飛び交った。

結局は福島市にある無名の会社だったことが判明したのだが、それまでマスクの製造や輸入などの実績が特に無かったこの業者に、最終的に約30億円もの受注が行ったことに関して、さらなる不審の声があがる事態に。しかし、結局のところはその謎はロクに検証がされることなく、現在に至っているという状況だ。

さらに、今回の布マスク大量在庫の件に関しても、会計検査院によるチェックを与党側が阻止しようとする動きがあった模様だ。報道によると、野党側はアベノマスクにくわえて、五輪訪日者向けの健康管理アプリ(オリパラアプリ)の事業費などに関して、会計検査院に検査を要請する案を、今年6月に参院決算委員会に提出したものの、与党側は会計検査院への負担増を理由に反対し、結局は見送りになってしまったという。

【関連】「黙れ、ばばあ!」に続く舌禍。平井デジタル相“下請け脅し”音声流出で指摘される「人望の無さ」

ところが、会計検査院の担当者は当時「検査報告に期限はなく、検査が詰まっているということは特にない」とコメントしていたようで、要するに与党側による反対理由は真っ赤なウソだった可能性が高いようなのだ。

このようにモリカケ桜をはじめとした様々な“アベ友疑惑”に対して、血眼になって蓋をしまくっては風化を狙うという、自民党をはじめとした与党側の姿勢には、もはや怒りを通り越して呆れるばかりだが、それもこれも今回の衆院選を乗り切るためというのは言うまでもない話。

今回の衆院選では、岸田首相によるゲリラ的な日程大幅前倒しにも、批判の声が大いにあがったが、ここに来て「眞子さん・圭さん結婚騒動で世論の目が選挙から一時的に離れることも折り込み済みの日程だったのでは?」といった声もあがる始末。そのなりふり構わない策の数々の甲斐もあってか、朝日新聞が25日に発表した情勢調査よると、自民が単独過半数確保の勢いだという。このままいけば“アベ友疑惑”隠しが功を奏した自民が、高笑いする結末となることも大いに考えられそうだ。

Next: 「アベノマスクと書くたびに安倍晋三氏から怒りの電話が…」

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー