fbpx

不動産屋を一発で怒らせるNGワードとは?希望の物件が買えなくなることも=姫野秀喜

不動産業者に絶対に言ってはいけないこと

どうして、1番手の方に売りたくないのか。

その理由を尋ねたところ、1番手の方は売主業者に対して「両手取引なんだから、仲介手数料半分にしてよ」と言ってきたからだそうです。

「そういうことを言う人とは取引したくない」と、売主の業者は理由を説明してくれました。

1番手になった方は、売主業者の逆鱗に触れてしまったのです。

「仲介手数料の値引き」は、仲介業者に絶対に言ってはいけないことです。端数程度ならまだしも、半分にして欲しいなんてのは、言語道断です。

「あなたの仕事の価値は半分です」と言われたようなものです。売主側業者が怒るのも、無理はありません。

融資を受けられない仲介手数料

確かに私も投資家のときは、仲介手数料が安くなったらいいな…と思っていました。

しかし、実際に仲介をやってみると、いかに経費が掛かり、法的リスクを背負っているのかということがわかり、むしろ3%では安いなと思うようになりました。消費税より安いんですからね。

買主が仲介手数料を高いと思うのは、融資で借りることができないからではないでしょうか。

融資で支払う物件本体価格については高いと思わないのに、本体価格のたった3%が惜しいのは、やはり自己資金で支払うからだと思います。

そういう意味では、住宅ローンと同じように、投資用ローンでも、銀行が諸費用まで含めて融資してくれると嬉しいんですけどね。

そうすればたぶん、「仲介手数料を安くしてくれ」なんて業者から一瞬で嫌われることを言う買主も減ると思います。

まぁ、いずれにせよ、その1番手の人は残念ながら降格となり、弊社のお客さまが購入することができました。そのことについては結果オーライ、感謝です。

業者に絶対に言ってはいけないことを言ってしまうと、二度とその業者から良い情報が来なくなりますので、注意しましょうね。

【関連】2021年の不動産市況を大予測!マイホームは“買い”か“待ち”か=姫野秀喜

【関連】大家さんに我慢を強要。コロナ家賃滞納を正当化するアンフェアな日本社会=姫野秀喜

【関連】こうやって私たちは不動産屋に騙される。『やってはいけない不動産投資』書評=姫野秀喜

【関連】住み続ける地獄。『すべてのマンションは廃墟になる』書評=姫野秀喜

【関連】べらぼうに増えた日本の空き家、所有者に代わって「税金で解体する」のが正しい理由=姫野秀喜

image by:polkadot_photo / Shutterstock.com

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』(2021年10月28日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ

[無料 ほぼ 平日刊]
会社員の姫ちゃんが1億円の大家さんになれた!あなたも数年で1億円の大家さんになれる!何から始めたら良いかわからない人に読んでもらいたい。基礎を守って、リスクは小さく、リターンは中くらい初歩からコツコツと誰でもできるシンプルな不動産ノウハウをあなたに~♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー