fbpx

負けトレードが続いた時こそ思い出したい「心に響く投資家の名言」

売買戦略が間違っている場合はもちろんのこと、たとえ正しい取引をしていても負けが続くことはあります。今回はそんな時に思い出したい、マーケットで活躍した投資家の言葉をいくつかご紹介しましょう。(『ハロー!株式』)

成功者が伝える、スランプ中の投資家がチェックすべきポイント

成長株投資で大成功を収めた賢人の言葉

一部の投資家は売買の判断に問題がある。

つまり、優柔不断ということだ。

何をしようとしているか、本当は分かっていないので自信がない。

無計画であり、投資の理論も、ルールもない。

だから、どうしたらいいのか自信が持てないのだ。

~ウイリアム・オニール~

著名トレーダーから圧倒的支持、投資心理学博士の言葉

勝者は、結果について責任を持たなくてはならないことを知っています。

敗者は、自分に責任はないと考えるのです。

~バン・K・タープ~

うまくいかなかったときに投資家がすべきことは、

なぜその結果を招いてしまったかをはっきりさせることです。

あなたのミスを非難しなさいと言っているわけではありません。

ある時点のある状況において、

あなたがその結果を招く選択をしている ということを言いたいのです。

~バン・K・タープ~

驚異的リターンを上げ続けた天才トレーダーの言葉

負けが続いたときは、1回ごとのトレード額を小さくします。

そうすることで、儲けが小さくなりますが、同時に損失も小さくなります。

自動車レースのピットインのようなものです。

負けが続くときは、気分を変えなくてはいけません。

そうしていれば、必ず次の好機が訪れます。

それをうまくモノにできれば、その間の機会的な損失はあまり重要な問題ではありません。

~スチュアート・ウォールトン~

【関連】トレーダーを惑わせる「2つのランダム」 アルゴ取引は決定論の夢を見るか?=田渕直也

ハロー!株式』(2016年5月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ハロー!株式

[無料 ほぼ日刊]
読者3万人。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは何と6年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報メルマガです。お役立ち情報満載で必見、株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非とも一度ご活用下さい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい