fbpx

G7・サミット通過後の「消費増税断行」がサプライズとなる可能性=久保田博幸

伊勢志摩サミットでの「財政協調」見送りも市場の想定内か

今週は伊勢志摩サミットも控えている。6月にFRBが利上げをする可能性も高まっている。日銀の今後の動向も念のため確認しておく必要もある。

もうひとつ注目されていた協調しての財政出動に関しては、英国やドイツの慎重姿勢に変化はなく見送られた。これに関しての一連の議論は伊勢志摩サミットに引き継がれるようだが、やはり合意は難しいと思われる。このあたりも市場にとっては想定通りということになりそうである。

よもやの消費増税断行が意外なサプライズに?

意外にサプライズとなるかもしれないのは、日本の消費増税の行方となるかもしれない。市場は見送りと読んで、これをかなり織り込んでいただけに、予定通り実施されるとなると、株式市場などがやや動意を示す可能性はある。個人的には財政規律を維持させるためにも、消費増税は予定通り実施されるべきであると思っているが。

【関連】7月末まで日本当局の円売り介入は難しく、またその必要性もない理由=矢口新

【関連】FOMCプレイ?/当面NYダウは売り、ドル円・日経も戻り売りがベスト=田嶋智太郎

1 2

牛さん熊さんの本日の債券』2016年5月23日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー