fbpx

FOMCプレイ?/当面NYダウは売り、ドル円・日経も戻り売りがベスト=田嶋智太郎

本メールマガジンでは数ある投資先=選択肢のなかから、この金曜に考える “マイ・ベスト”(複数となることもあります)を極力簡潔にご披露させていただくこととしています。はてさて、今週は一体何が飛び出しますやら…。気楽にお付き合いいただければ幸いです。(『田嶋智太郎の「金曜に考える!当面の投資ストラテジー」』田嶋智太郎)

※『田嶋智太郎の「金曜に考える!当面の投資ストラテジー」』は、毎週金曜日発行です。興味のある方はぜひこの機会に定期購読を。

ドル円、日経、NYダウ~金曜に考える!当面の投資ストラテジー

FOMCプレイ?

ここのところは「日銀プレイ」や「SQプレイ」など、とかく「○○プレイ」といったワードが市場を賑わすことが多くなっています。

【関連】「◯◯記者、許さん!」投資家がアナリストや記者に責任転嫁することの損失

そこには、目の前の市場の動きを冷笑するような意味合いが込められており、少なくとも「その動きは足下の経済実態を正しく反映したものとは言い難い」ということだけは、きちんと理解したうえで相場と向き合うことが重要であると思われます。

ここ数日の動きで言えば、さしずめ「FOMCプレイ」ということになるでしょうか。18日に公表された前回のFOMC議事録の内容を受け、俄かに6月の米追加利上げ説が有力になりつつあるようなムードですが…これは果たして、市場が手練手管なFRBの操縦に操られているということなのか、むしろ操られたフリをして目先的な鞘取りのためにあえて仕掛けているのか…。

いずれにしても、どこかで突然梯子を外されて、無駄に痛手を負うことなどないように十分警戒しておきたいところです。筆者は個人的に6月の利上げはないと考えていますが、もちろん目先の思惑的な動きにも短期で対応して行く算段では臨みたいと考えています。

相場の概況&感想

5月に入ってからというもの、日々発表される米経済指標の多くが強めの結果を示していることもあり、一頃に比べれば市場における6月の米利上げ観測が強まってきている模様です。

結果、足下ではドルを買い戻す動きが少々強まっており、ドル円が110円台を回復する一方で、ユーロ/ドルは一時1.1200ドルをも割り込む水準まで売り込まれる場面がありました。

周知のとおり、6月の米利上げ観測と言っても、いまだFEDウォッチの織り込み度は30%+αといったところ。それでも市場はやけに興奮して、せっせとドルを買ったり、米株を売ったりしています。

前回と前々回の「マイ・ベスト」は「NYダウ平均の売り」でしたが、実際に昨日(19日)は一時17331ドルまで売り込まれる展開が見られており、基本的に弱気モードとなってきました。

もちろん、米株価の低調な展開は、今年も昨年と同様に「セル・イン・メイ」を地で行くことになるのではないか…というムード的なものも作用しているものと思われます。米株価の下げが日経平均株価の上値を押さえる形で作用するケースも少なくないということは、一応頭の片隅に置いておく必要があるでしょう。

もっとも、目下は明日(21日)まで仙台で開催されているG7財務相・中央銀行総裁会議や来週に控える伊勢志摩サミットの結果を見定めたいとする向きも多いようで、様子見ムードが色濃いことも事実です。

日本政府による大胆な政策発動期待が根強くあることも事実であり、当面は「どうせ期待外れに終わるだろう」などと斜に構えてばかりもいられません。正直、目先の読みはなかなか難しい状況にあると言えるでしょう。

Next: 要注目の重要指標・要人発言等/当面、ドル円は戻り売りで

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい