fbpx

まだ民泊で消耗してるの? 『「外国人向け賃貸住宅」ノウハウと実践』書評=姫野秀喜

外国人向け賃貸を36年間(執筆時)行ってきた荻野政男氏の著書『「外国人向け賃貸住宅」ノウハウと実践』をご紹介します。最近、にわかに流行っている民泊ではなく、日本に3ヶ月以上滞在する外国人向けの賃貸経営の方法について懇切丁寧に書いてあります。

なぜ、今、外国人向けの賃貸が重要なのか。家を探す外国人も空室に悩んでいる大家さんも、両方ハッピーになれたらよいなという暖かい想いと、きわめて実践的なノウハウが詰まった本書の内容を早速見ていきましょう。(『1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』姫野秀喜)

プロフィール:姫野秀喜(ひめの ひでき)
姫屋不動産コンサルティング(株)代表。1978年生まれ、福岡市出身。九州大学経済学部卒。アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。合間の不動産投資で資産1億円を達成し独立。年間100件以上行う現地調査の情報と高い問題解決力で、顧客ごとに戦略策定から実行までを一貫してサポートしている。

難あり物件が蘇る!外国人と大家さんを両方ハッピーにする良書

160517hime_1

『「外国人向け賃貸住宅」ノウハウと実践』週刊住宅新聞社

なぜ、今、外国人向けの賃貸が重要なのか

本書は外国人向け賃貸を36年間(執筆時)行ってきた荻野氏の経験とノウハウを詰め込んだ力作です。最近、にわかに流行っている民泊ではなく、日本に3ヶ月以上滞在する外国人向けの賃貸経営の方法について懇切丁寧に書いてあります。

なぜ、今、外国人向けの賃貸が重要なのか。

  • 長期の賃貸において外国人に受け入れられるノウハウとはなにか
  • 日本に住む外国人の分類とはなにか
  • 日本に住む外国人に対して賃貸する時に気をつけるべきポイントはなにか
  • 日本人向けだと空室ばかりだったのになぜ外国人向けにすると満室になるのか

などなど、空室に悩んでいる大家さん必見の内容となっています。

また、巻末には「賃貸用語の対訳集」や「英語での接客会話例」や「各国の賃貸条件」などすぐに役に立つ資料がついています。この値段でこの内容、実践書としても相当お得だと思います。

本書を読んで少しでも外国人向けの賃貸に対する抵抗感がなくなり、やってみようかなという気持ちになることが著者の願うところかと思います。

以下、著者の言葉を抜粋します。(※『』内は引用です。)

今、なぜ外国人向け賃貸住宅なのか?

『日本の賃貸住宅市場は2010年の12.6兆円から2030年には8.8兆円に縮小する(中略)20年で3割の縮小』
『人口減少でますます「空き家」化がすすむ』
(人気の高い街である)『高円寺であっても(中略)4000戸以上もの空き物件が出てくる』
『人気が高い分、必要以上に賃貸住宅が建てられ、結局、あまってしまっている』

今活気があるのは、外国人向けと高齢者向けだけ。だから、そのうちの外国人向けに目を向ける必要があるのです。

日本に暮らす外国人はどれくらい?

『日本には現在、約208万人(14年6月)の外国人が生活をしている』
『これは3ヶ月以上日本に滞在し、外国人登録をしている人の数です』

日本に暮らす外国人にはどんな人がいるの?

著者は以下のような感じに外国人を分類しています。

(大学の)『留学生』
『日本語学校の生徒』
『日系の就業者』
『IT技術者』
『語学教師』
『飲食店で働く外国人』

Next: 杞憂かも?大家さんが外国人を住ませたくない理由/契約時のチェックポイント

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい