fbpx

今年最大の海外リスク「英国EU離脱」を考える~世界金融は大混乱も=山崎和邦

世界金融経済の神経機能に大波乱を巻き起こす英国のEU離脱

ドイツ覇権を最も不快に思っている国はイギリス、フランスであろう。

かつて英国・サッチャーはフランスに「ゲルマン人に尾を振るプードル犬に貴国は成り下がったか」と悪態をついた。フランスは元来が“外交の国”だけあって上手く立ち回ろうとしているが、英国・スイスは最初からユーロ圏には加入しなかった。

そうして我関せずと超然としているうちに、政治・経済の権力はドイツに集中することになった。

かつて筆者は、発生史的に見てEUの精神はヤワなものではないと考え、本稿でも数年前に
そう書いたことがある。しかし今は、ドイツへの権力集中をなんとかせねばEU存続の基本精神が崩壊するところまできている。

英国はユーロ圏には入ってないが、ドイツへの権力集中化を快しとしないジョン・ブルの意地がある。

もっとも、英国自らEU離脱となれば、経済的には損をすることを英国民なら皆が知っている。 筆者の英国通の友人などは、プラグマティズムが大好きな英国の国柄はジョン・ブルの意地だけではやって行けないことを承知していて、国民投票はEU残留に決まるだろうと言うが果たして如何なものか。波乱含みである。

英・FTSE100指数の動き

英・FTSE100指数の動き

英国がEU離脱となれば、「トランプ大統領の出現」以上に世界金融経済の神経機能に大波乱を巻き起こすであろう。なにしろ、ロンドン市・シティはNYウォール街に次ぐ世界の金融センターである。

かつて中国株暴落の折、筆者は本稿で「中国株は地方限定的で、世界金融の神経機能に大きな衝撃はない。上海株暴落は中国経済の先行き、実態経済への懸念を反映したものだ」と述べたが、それと引き換え英国のEU離脱は、世界の金融機能に対して直接的な衝撃を与えるであろう。

Next: 英国EU離脱問題の要約と現状分析

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい