fbpx

金正男暗殺で大儲け!? 米国とはやっぱり違う中国人のやばいビジネス=浜田和幸

石油輸出大国サウジアラビアの苦しい台所事情

ぶっちゃけ、81歳となるサウジアラビアのサルマン国王を迎え、日本政府も財界も最大限のおもてなしに奔走したようだ。天皇陛下との昼食会をはじめ、安倍総理との会談、そして経済界との懇談や視察と、大忙し。なかでも、ソフトバンクの孫正義氏からはアラビア語のできる「ペッパー君」をプレゼントされて、ご満悦の様子だった。

何しろ、サウジといえば、わが国にとって石油の最大の供給国だ。いくら自然再生エネルギーへの転換を図るといっても、まだまだ石油に依存せざるを得ないのが現状。サウジのご機嫌を損ねては、国家の一大事となりかねない話だ。

とはいえ、お供を1500人も連れてのアジア歴訪という長旅の狙いはどこにあったのか。実は、最大の狙いは、自国の石油会社アラムコの株式上場先を見極めることにあったのだ。

というのは、このところ原油安が長引いているため、国家収入のほぼ9割を原油輸出に依存してきたサウジアラビアにとって、未曾有の危機が迫っているのだ。2014年夏には1バレル100ドル前後だった原油価格が、2016年半ばには30ドル台にまで値下がりした。このことは、サウジの経済を想像以上に深刻な状況に追いやってしまった。

最近、サウジの主導で産油国が減産に合意したので、若干値が戻ってはいる。しかし国王の来日中も、1バレル50ドルを割り込むなど、依然として悩ましい状況だ。

そこで打ち出されたのが「サウジ・ビジョン2030」と命名された経済改革計画で、2030年までに「石油に依存しない国家」へと大変身を遂げようというわけだ。その実現に必要な資金を得るために検討されているのが、国営石油会社アラムコの株式上場である。何しろ世界最大の石油会社で、時価総額は2兆ドルとも3兆ドルともいわれている企業だ。

ぶっちゃけ、問題は「どこで上場するか」ということに尽きる。今、名前が挙がっているのがニューヨーク、シンガポール、上海、そして東京だ。

どうやらサルマン国王は日本と中国を競わせ、より有利な条件を得られる国での上場を目論んでいるようだ。現在、接待大国の中国を訪問中のサルマン国王。どちらが誘致合戦で勝つのか見ものだ。
続きはご購読ください

<購読開始ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

【Vol.48】浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』(3/24)

・大丈夫かな?17歳の猫好き少女を訴えるトランプ大統領
・稲田朋美大臣もびっくり!アメリカ海兵隊の女性ヌード写真流出騒動

【Vol.47】浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』(3/17)

・石油輸出大国サウジアラビアの苦悩
・右も左も金儲け!アメリカと中国のマネー狂騒曲?

【Vol.46】浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』(3/10)

・金正男殺害事件の真犯人は誰?
・空気を食べて走る自動車

【Vol.45】浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』(3/3)

・金正男暗殺の陰のメッセージ:生物化学兵器をいつでも、どこでも使うぜ!
・故ジャックリーン・ケネディ大統領夫人のラブレターが競売に


※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2017年3月17日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】次の大地震はどこで発生? 2017年「危険度ワースト3」の要警戒エリアはここだ

【関連】トランプ米大統領と「エホバの証人」知られざるユダヤ・コネクション

1 2

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』(2017年3月17日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』

[月額550円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
かつて人気を博したニッポン放送オールナイトニッポンの「世界びっくりニュース」を彷彿とさせるべく、フランクな語り口で、知られざる内外の『ぶっちゃけ話』をお届け致します。例えば…① 「爆買い」中国人観光客を上回る金額を日本で消費している国がある!?② 「発明王エジソン」の遺言を頼りに、無料の無限エネルギー開発に成功した企業がある!?③ 「不動産王」にしてアメリカ大統領候補トランプ氏に、北方領土問題解決の秘策あり!?…その他耳よりの情報が満載!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー