fbpx

私マック赤坂が百条委員会で「君たちはサーバントだ!」と叫んだ真の理由

私ことマック赤坂は3月20日、東京都の百条委員会で「我々納税者が主役であり、君たちはサーバントだ」と叫び退場させられました。でも、まったく後悔はしていないのです。その理由をお話ししましょう。(マック赤坂)

プロフィール:マック赤坂(まっくあかさか)
政治活動家、実業家、セラピスト、美容研究家。1948年、名古屋市生まれ。京都大学農学部卒業。伊藤忠商事退社後にレアアースの輸入商社「株式会社マックコーポレーション」を設立。財団法人スマイルセラピー協会会長、スマイル党総裁。過去3度の東京都知事選、大阪市長選立候補の他、出馬のたびにユニークな政見放送が話題となり注目を集めている。

百条委員会を「退場」になっても、我が傍聴に一片の悔いなし

「我々納税者が主役であり、君たちはサーバント(公僕)だ」

私マック赤坂は3月20日、豊洲市場の移転問題を検証する東京都議会の調査特別委員会(=百条委員会)において、石原慎太郎元都知事の証人喚問を傍聴中に、「我々納税者が主役であり、君たちはサーバントだ」と叫んで退場させられました。

私は、過去にもいろんなところで退場になっていますが、今回の退場に関しても、まったく後悔はしていません。

なぜならば、正しいことを言っているという自信があるからです。そして、発言するタイミングについても、議会の進行を妨げることのないように、発言休止の合間をしっかりとはかって発言しているからです。

※残念ながら(?)今回の「サーバント」発言は、『Fate』シリーズとは関係ありませんが、「Fate勢」の若者にも、ぜひ私の考えをお伝えしたいと思います

【関連】私マック赤坂が都議会に乱入した理由、拘束されて考えた「舛添後」の政治

そもそも、この「百条委員会」とは何でしょうか?

百条委員会とは、簡単に言えば地方自治体が議決により設置する特別委員会ですが、通常の特別委員会と比べ、虚偽の証言などをすると禁固や懲役など刑罰が科せられるという違いがあります。

国家損害を避けるため、真実を究明するための、いわば議会における最高機関と言われており、テレビ局や各メディアでの取り上げ方や注目度も大きく、かなりの影響力があります。

ご存知のない方が多いかと思いますが、証人喚問をする側も、受ける側も、我々の税金からしっかりと日当が支払われています。

だからこそ、なおさら、証人喚問をする側も受ける側も、議員として私たち国民に対して真実を伝え、立証させるべく決死の覚悟で挑まなくてはなりません。しかし残念ながら近年の百条委員会は議員同士の顔見知り、慣れ合いのため、ぬるま湯委員会と化しています。

そして、追求側の議員のほとんどが、自己をいかに良く見せるかだけを考え、自分自身が議員として生き残るための最善のパフォーマンスを追求しています。いわゆる、すべてにおいて都民ファースト、国民ファーストを無視した「自分ファースト」なのです。

私たちの税金によってすべてが賄われている議員の人たちが、権力やお金に溺れ、本来やるべき優先順位を忘れ去り、茶番劇を繰り返し、私たち国民をないがしろにして適当放題やり続ける、こんな腐敗体質を変えるには、外部の誰かが動かざるを得ません

でも、権力のない人たちでは、残念ながらどんな熱い思いを持っていたとしても、どんな凄い行動力を持っていたとしても、今の日本における権力体質に毒された間接民主主義の現状では限界があります。

ただひとつ言えるのは、それでも「世の中をなんとかして変えたい」という気持ちがあるのであれば、決して諦めてはならない、ということです。

Next: 勘違い議員に「自分はサーバントだったんだ」と思い出させる方法

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい