fbpx

籠池氏の証人喚問でさらに深まった「疑惑」を安倍総理が晴らす方法=三宅雪子

私は、籠池さんの肩を持つわけではありません。しかし、この話はキーマンである松井府知事はもちろん、昭恵夫人も含め関係者全員の話を聞かないと公平ではありません。(『三宅雪子の「こわいものしらず」』三宅雪子)

※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2017年3月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:三宅雪子(みやけ ゆきこ)
元衆議院議員。玉川学園女子短大、共立女子大学を卒業。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を行っている。

籠池証人の発言にフェイスブックで反論しても疑惑は晴れない

松井大阪府知事と昭恵夫人の証人喚問が必要だ

3月23日木曜日、注目の『森友学園』籠池理事長の証人喚問が行われました。10時からは参議院、15時過ぎからは衆議院です。当初、知人らと傍聴に行きたいと思い、国会に問い合わせました。その段階で、問い合わせだけでそうとうな数になっており、当日どれほどの人が集まるかは想像もできないとのことでした。

今まで、安保法制やTPPなど重要法案の採決は傍聴してきました。傍聴は「予約制」ではありません。行ってみたら座れないどころか入るのも一苦労の時もあります。

ただし、今回(証人喚問)は通常時と違い、証人喚問の一般傍聴の場合、現職議員の紹介が必要になるなど厳しかったようです。結局、傍聴は断念してインターネット審議中継での視聴にしました。

【関連】「スピン報道」を警戒しよう~森友学園と加計学園、共謀罪に水道法改正案=三宅雪子

考えてみたら、私の現職中にはここまで注目を集めた証人喚問はなかったように思います。この事件はまだ「疑惑」の段階です。本来の趣旨は、真相の究明です。

自公(政府与党)は籠池理事長の参考人招致すら反対していたのですが、突然に証人喚問をやろうとなったので、この段階で「何かがあったんだろう」とは推察されたわけです。ただ、それが「何か」はわかりませんでした。

参議院の質問者のトップバッターは西田昌司議員でした。冒頭から籠池さんを犯人扱いで、まるで刑事の事情聴取のようでした。正直、視聴していてこの証人喚問は「悪役づくり」の場なんだなという疑いを持ってしまいました。これは衆議院でも同様でした。

籠池さんにももちろん瑕疵は多くあったと思いますから、籠池さんの肩を持つわけではありません。しかし、この話はキーマンである松井府知事はもちろん、昭恵夫人も含め関係者全員の話を聞かないと公平ではありません

23日はいわば安倍総理の命運がかかった日となったわけですが、ぎりぎりでセーフだったのかも知れません。ご本人(安倍総理)は海外から帰国していたらしいのですが、なぜか欠席(これが許されるのが不思議です)。逆に昭恵さんに対する疑惑は深まった結果となってしまいました。

ちょうど別件でも昭恵さんの私人の立場での口利きが問題になっていたタイミングでしたので、『アッキード事件』と言われるこの事件の色合いは強まりました。

こんな場面でも、籠池さんは決定的なところでは安倍さんを最後に守ったように感じます。『しつこい人』と言われても、根っからの安倍信者なんでしょうね。今後、籠池さんの安倍さんへの気持ちが変わったら、あらたな爆弾発言があるのかもしれません。

Next: 政治家の逃げ口上「秘書が秘書が」から「妻が妻が」へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい