fbpx

ドル円相場の見通し~ポイントは追加緩和の「賞味期限」ここは冷静に=ゆきママ

ドル円がまさかの105円タッチするなど、今週は急速に円売りが進みました。理由については、言うまでもなくヘリコプターマネー期待が急速に高まったことによるでしょう。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

黒田バズーカ第4弾なるか。発動でも円売りの賞味期限に注意

ヘリコプターマネー期待で円売り進む

ドル円がまさかの105円タッチするなど、今週は急速に円売りが進みました。理由については、言うまでもなくヘリコプターマネー期待が急速に高まったことによるでしょう。ヘリマネの定義は諸説あるものの、現状での認識としては、財政拡張と追加緩和を同時に実施するということになります。

そして、市場としては今月末(7月28~29日)に予定されている日銀金融政策決定会合で、黒田バズーカ第4弾(追加緩和)が発表されるとの期待感から円売りに大きく傾いているのが現状でしょうか。

【関連】いつまで安全?「リスク回避の円買い」に走る外国人のナニワ金融道=東条雅彦

しかしながら、今月末の会合で実際にさらなる追加緩和が決定されるかといえば、個人的にはかなり疑わしいと考えています。

ヘリコプター・ベンことバーナンキ前FRB議長が登場したことで、何故か期待感が先行しているものの、実は先月、現役のFRB議長であるイエレンは「中央銀行による財政支援が行なわれている現状は極めて異常」と発言しているんですね。

また、ヘリマネ論については、「学術論的議論にしても逸脱している」とし、ハイパーインフレに陥った国を引き合いに出し、「中央銀行の独立性が物価を安定化させる」と一蹴しています。

ドルの番人であるイエレンFRB議長は、かなりの慎重派ではありますが、政府の財政を中央銀行が下支えし、あまつさえ政府が中央銀行に圧力をかけて中立性をないがしろにするような今の日本の現状というのは、誰が見てもかなり異常といえるでしょう。

Next: 月末までは底堅い円売り相場か。追加緩和は実施される?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー