fbpx

自民二階派の中村喜四郎議員はなぜ「共謀罪」に反対したのか?=三宅雪子

【選挙】なぜ女性候補者は「不幸アピール」に走ってしまうのか?

嘘はついてはいけません。結局、最後、嘘はわかってしまうものです。これが私の持論です。最近は、さすがにわかりやすい「学歴詐称」はなくなりました。「海外留学」などと詐称する方は、何かのコンプレックスをお持ちなんでしょうか? 大昔ならまだしも、いまどき「海外経験」が票になるのかどうか懐疑的です。帰国子女の私には全く理解不可能です。

しかし!その代わり、第三者からは確かめようのない身の上話、苦労話などが選挙で氾濫しはじめています。そして、政策論争があまりが残念です。なぜか有権者も豊洲問題を厳しく追及する人はいません。女性、そこそこ美人で、何かしら「苦労」をしていなければいけない。だから、「シングルマザー」「DV」「貧困」「奨学金」「幼少期のいじめ」を売りにする候補ばかりになってしまうのです。これぞ、男女差別だと思いませんか? 男性でこうした苦労や不幸をアピールする方はあまりいないような気がします。まあ、選挙戦略の1つなんでしょうね。

数千万の自家用車(外車)を持っているのに、今まで乗ったことのないような自転車に急に乗りだし、庶民派をアピールしている候補もいます。どうせ、当選したら自家用車で登庁するんでしょう?と思ってしまいます。本当に自転車で登庁するなら、票を投じるかも(投じないけど)。

私の場合、国会議員になってやめたことがあります。ブーツマニキュアなどでしょうか。群馬は寒いのでブーツNGはつらかったのですが、支持者からのダメ出しでした。これは関東圏とは違うところですね。

自由なテレビ局から、いきなりあれダメこれダメの世界に入ったわけでしたが、さほどつらくはなかったです。自由がない世界。でも、その自由だって、たいした自由ではありません。

都議選挙は、都民ファーストの特に女性候補が目玉のようですが、注目すべきは各党の動きです。さて、低投票率都議選となるか、荒れる都議選になるのか…。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 5月配信済みバックナンバー>

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL118(5/26)

・政治史あれこれ
・私人、一般人、個人
・リアルコミュニケーション
・朝ごはん
・選挙

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL117(5/12)

・フォトモンタージュ
・ガソリンと二重国籍問題
・異なる意見
・党員数から見る選挙情勢
・御用新聞

三宅雪子の『こわいものしらず』VOL116(5/5)

・続 忖度
・自己愛
・政治とカネ
・名言、明言、迷言
・永田町恋愛サスペンス小説


※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2017年5月26日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「テロ対策」の御旗のもとに~共謀罪で得をする人、損をする人=斎藤満

【関連】「40~50代で貯金ゼロ」なら何をすべき?崖っぷち世代の貧乏脱出術=午堂登紀雄

【関連】「ネトウヨ女子」とのささやかな対話。どの党も党員集めに必死です=三宅雪子

1 2

三宅雪子の「こわいものしらず」』(2017年5月26日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

三宅雪子の「こわいものしらず」

[月額864円(税込) 毎月第1金曜日・第2金曜日・第4金曜日]
3年3ヶ月の与野党国会議員の経験を生かし、三宅雪子独自の語り口で、あたたかみのある中にも、言うことは言う「こわいものしらず」なコラムを展開します。加えて、「教えて!○○さん」「名言・迷言・明言」「永田町コトバ」「ヒトリゴト」「話はそれますが…」など、私的なコンテンツもローテーションでお届けする予定です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい