fbpx

日経平均は1万9780円を死守できるか?来週が今年最大の分岐点に(6/9)=橋本明男

メジャーSQを通過し、いよいよ「株価の動きこそが材料」という本当の相場に戻ります。来週(6/12~)は今年最大の分岐点になるでしょう。(『相場コラム『わしの罫線』』橋本明男)

大引けの日経平均株価は104円高の2万0013円、来週がヤマだ

大変化週

メジャーSQを通過し、来週から株価の動きこそが材料という本当の相場に戻ります。

SQ算出値は19997.63円で決まり、日経平均株価の大引けは104円高の20013円。TOPIXは1.25ポイント高の1591.66ポイント。出来高は概算22億6千万株で終わっております。

日経平均の週足は陰線となって、先週末に比べ164円安(-0.81%)の下げですが、TOPIXの方は1.274%下げております。これはソフトバンク等の値嵩株が上がったことが原因ですが、4月14日の大底から計算すればほとんど同じ位置取りです。

日経平均株価 週足(SBI証券提供)

日経平均株価 週足(SBI証券提供)

TOPIX 週足(SBI証券提供)

TOPIX 週足(SBI証券提供)

さて、来週は大イベントFOMC日銀金融政策決定会合があります。イベントというものは相場の分岐点になることが多々ございます。

今までは、FOMCで0.25%金利を上げるたびに円高となり、東京市場は大きく下げていました。きょうテレビに出てきた解説者もそれを指摘して、日経平均は1000円くらい下げるかもしれないと、公然と言っていました。

さて、相場とはそんなに単純なものでしょうか?

そこで、きょうの大引けを受けての、私の相場観測法で計算した展望を申し上げます。まず来週の日経平均の変動レンジ

上限:20460円
下限:19780円

以上が計算されます。

この下限を覚えておいて下さい。下限を大引けで切ってくるようなら、7月中旬までの1ヶ月間18800円くらいまでの可能性は出ます。

来週は今年最大の分岐点。性根を入れて取り組みましょう。私は下げる事などこれっぽっちも考えていません。では御健闘を祈ります。

【関連】株価急落を予告する「ヒンデンブルグ・オーメン」の点灯と4つの懸念=斎藤満

【関連】7月以降は株価下落?「米国大統領就任1年目」の不吉なアノマリー=今市太郎

【関連】「忖度相場」からの6月14日ショック説、最悪ケースの株価下値は?=藤井まり子

【関連】森友、加計に続く「第3の忖度」国際医療福祉大学疑惑に焦る安倍官邸=山岡俊介

【関連】トレードに常勝はあり得るか? HFT(高頻度取引)業者バーチュの手法=田渕直也

相場コラム『わしの罫線』』(2017年6月9日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

相場コラム『わしの罫線』

[無料 平日刊]
チャーチスト歴35年!【橋本罫線考案者】テクニカルのプロである橋本明男が毎日綴る相場コラム。日々の株式市場の動向から、短期的・中期的な相場の行方を予測。また、東証1部の銘柄を中心に、今が狙い目の個別銘柄の情報も掲載しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい