fbpx

歴史は繰り返さないが韻を踏む…ドルが基軸通貨から滑り落ちるタイミングと理由とは=藤井まり子

21世紀三度目の「大型の官製バブル」へGo!日本株式市場でも、なんとなんと2013年以来7年ぶりに、「大相場到来のシグナル:ゴールデンクロス」の出現が近い。(『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』藤井まり子)

※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2020年1月24日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

バブル行きのバスに乗り遅れるな

際限のないQEの連打が始まり、ゴールド価格は30%値上がりする

2009年5月の創刊当初から、こちら貞子メルマガでは、「この日米欧によるグローバル規模での大金融緩和策には、『出口』はない」と愛読者様に繰り返しお伝えしました。

2010年当時から、「アメリカFRBはQE1、QE2、QE3のみならず、無制限にQE4,QE5…と連打し続けて、将来は『大型の株式バブル』を形成させてゆくだろう」と、予測していました。

あれから10年の時が流れました…。

やはり、世界経済は、貞子メルマガの当初の見立て通りに、FRBは2019年には「出口」戦略に失敗、秋にはQEを再開して「超~超~緩和政策」へと大転換。

2020年は、「大型の株式バブルへGo」!です。というか、昨年秋から株式市場は溶け上がっています。

4~5年以内にダウは4万円に達することでしょう。

日本株式市場においても、来月2月にも「大相場到来のシグナル」である「ゴールデンクロス」が現れそうです。

日本株式市場で「ゴールデンクロス」が現れるのは、なんとなんと7年ぶり、アベノミックスのロケットスタートが始まった2013年以来のことです。「ゴールデンクロス」が現れれば、年内に日経平均は2万8,000円、2021年には3万円に達することでしょう。

今週の結論

「大相場のシグナル」である「ゴールデンクロス」が近いうちに現れそうな日本株式市場。むちゃくちゃ強気継続。ゴールド価格は30%上昇して2,000ドルへ。4~5年内に、ダウ平均は4万ドルへ。日経平均は年内2万8,000円、来年3万円へ。ただし、「メルトアップ」後の「メルトダウン」には要注意。

向こう数年間(?)の「QE」連打という「先進各国のヘリコプターマネー」を見越して、大型バブルが始まりました!

おそらく、アメリカドル国債は向こう10年の間には、基軸通貨の座から滑り落ちるでしょう。が、それまでは、アメリカ経済も日本経済も世界経済も「最後の輝き」を放つかのように、繁栄することでしょう。

今は、向こう5年間(?)はドルは穏やかに穏やかに下落してゆくことでしょう。

Next: 11月大統領選挙までの米国株の方向性とは…?

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー