fbpx

サムスン電子、56%減益へ。社運を賭けた1兆円超え投資でどん底の韓国経済を救うか?

サムスン電子の業績速報値では、第3四半期の営業利益が56%減(前年同期比)を見込んでいる。サムスンは不調にある韓国経済にとって希望の星となれるのか。それは今後にかかっている。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年10月27日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

半導体価格の下落が大ダメージに。他の製品でカバーできるのか?

半導体価格が急降下

今回はサムスン電子の業績について見ていく。

すでにタイトルで触れた通り、サムスン電子の業績速報値では、第3四半期の営業利益が56%減(前年同期比)の7兆7,000億ウォン(64億4,000万ドル=約6,900億円)を見込んでいるそうだ。

アナリストの予想平均よりは6,000億ウォンほど多いわけだが、大きく減益となった。

これは半導体価格の低下が原因だ。世界経済の失速、ビッグデータを扱う企業の投資の減速といった予想された範囲のものである。

明らかに昨年の半導体価格が高騰していただけである。

ただ需要というのは、高騰後には減速して、数年が経過すれば落ち着くもの。なので、来年からは半導体価格が元に戻るという期待もあるようだ(私は元に戻るとは思えないが)。

スマホ事業は善戦?

さて、アナリストの予想平均よりも大きかったのは、サムスン電子のスマホが善戦しているという。

中国からシェア0%で撤退することになったサムスン電子のスマホ。しかし、ライバルであったファーウェイの失速米中貿易戦争などもあり、サムスン電子のスマホには有利な風が吹いている。

これは次世代通信規格の「5G」でもそうだ。

ファーウェイがアメリカによって監視されている中、サムスン電子は順調に顧客を増やしていくことだろう。

Next: 「次世代有機EL」に社運を賭けるサムスン。ホワイト国除外のダメージは?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい