fbpx

金塊密輸事件と日本の裏社会~地下経済の玄関口「九州」でいま起きていること

2016年の夏頃から「金塊」の密輸・強奪事件が相次いでいます。これら一連の事件の舞台は北九州。この地域が地下経済の新たな入り口であることを暗示しています。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年6月8日第209号パート1の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

九州が地下経済の入り口に? 生き残りをかけて金塊へ走るヤクザ

金塊密輸ルートの点と線

2016年の夏頃から、「金塊」の密輸・強奪事件が相次いで起こっています。

これら一連の事件の舞台となっているのは北九州

それぞれの金塊密輸事例は、この地域が、地下経済の新たな入り口になっていることを暗示しています。<中略>

九州ヤクザの新たな資金源

2016年夏から立て続けに起こっている金塊強奪事件を時系列に並べて見ると以下のようになります。

・2016年7月8日 福岡市博多区のビルで、貴金属会社役員の男性らが金塊160キロ(約7億6000万円相当)を警察官を装ったグループに盗まれる。

・2017年3月21日 大阪市職員の男が韓国から福岡空港に金塊約3キロを持ち込もうとして関税法違反容疑で逮捕される。

・2017年4月20日 福岡市・天神で会社員男性が金塊取引のため銀行で現金を引き出した直後に襲撃され、現金約3億8400万円を奪われる。

・2017年4月21日 東京・銀座の路上で自営業男性が金塊売却後現金4000万円が入ったバッグを奪われる。

・2017年5月22日 金塊160キロが盗まれた事件で、6人が窃盗容疑などで逮捕(29日までに更に4人逮捕)。

・2017年5月24日 韓国から福岡空港に金塊6キロを密輸しようとしたとして、韓国人4人が関税法違反容疑で再逮捕。この4人は、4月に約7億3500万円を所持して香港行きの航空機に搭乗しようとして同容疑で逮捕。

そして、今回の佐賀県唐津市の漁港で金塊とみられる貴金属の塊206キロを積んだ漁船が差し押さえられた事件…

東京・銀座の路上で金塊を売却した代金4000万円が奪われた事件以外は、すべて九州で起きています。

Next: 生き残りをかけて何でもやるヤクザ。なぜ日本警察は沈黙?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい