fbpx

【11月米雇用統計】トランプ相場の流れに変化は?想定レンジ112~115.5円=ゆきママ

まさかのトランプ勝利後、ドル円相場は一体どこまで進むのかというぐらい、日々、容赦無く円安ドル高の流れが続いています。果たして、今日の雇用統計で一体どうなるのか? 雇用統計の結果とともに考えていきますので、よろしくお願いします。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

初動はストップロス狙いの一段高も?安易なショートは危険

利上げがほぼ確定し相場への影響力は限定的?

まず、今回の結果に関わらず、12月14日のFOMC(連邦準備制度理事会)で利上げが決定される可能性は極めて高いと言えるでしょう。理由としては、イエレンFRB議長を始めフィッシャー副議長や各連銀総裁が利上げに前向きな姿勢を示して地ならしをしていることや、さらにFedウォッチ(金融先物市場が織り込む利上げ確率)は94.9%となっていることが挙げられます。

12月の利上げは94.9%とほぼ完全に織り込まれています。

12月の利上げは94.9%とほぼ完全に織り込まれています。

また、今回の予想値を含めて雇用統計における6回分の非農業部門雇用者数は、以下のようになっています。トレンド的には、よほど弱い数字が出たとしても利上げすることが可能と言えるでしょう。

非農業部門雇用者数の推移。単位は万人、11月は予想値。

非農業部門雇用者数の推移。単位は万人、11月は予想値。

イエレン議長は、毎月+10万人弱の雇用ペースを確保できれば、労働市場への新規参入者を吸収できると明言しています。仮に今回(11月分)の雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びが全くなかったとしても、マイナス圏にでも陥らない限りは、前回(10月分)と前々回分(9月分)を合わせれば3ヶ月平均で+10万人は越えることになりますからね。6ヶ月平均なら言わずもがなです。

利上げがあると目されていた今年6月のFOMCでは、直前に発表された5月分の雇用統計で非農業部門雇用者数が+3.8万人という衝撃的な弱さを記録したことで利上げが見送られました。そのため、今回も一桁台といった数字に終わると市場の見通しに若干の変化が出る可能性は否定できませんが、トランプ勝利後のインフレ期待の過熱ぶりなども考慮すれば、利上げを見送るといった選択肢はほぼあり得ないでしょう。

したがって、もはや今回の雇用統計が12月の利上げに与える影響というのはほとんどなさそうで、単純に米国の景況感を確認するための指標といった位置付けになりそうですから、普段よりも相場を動かす力が限定的かもしれないという点に留意しておく必要がありそうです。

Next: 先行指標は良好、戦略は買いだが週末の手仕舞いに気をつけたい

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい