fbpx

ビットコイン急落と北朝鮮、ロシア最強暗号通貨「クリプトルーブル」の意外な関係

JPモルガンがZcashに乗り換えた、もう1つの理由

さらに、もう1つの決定的な理由があります。それは、イーサリアムと深く関係しています。イーサリアムは、暗号通貨というより、ICOのプラットフォームと言ったほうが理解しやすいかもしれません。

イーサリアムは、それ自体がまだ未完成で、完成形に至るまで、ハードフォークや仕様変更など、4度の開発段階を経なければなりません。

最終的には、4段階目の「セレニティ」を経て、ビットコインと同じプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)からプルーフ・オブ・ステイク(Proof of Stake)への移行が完了することになっています。

差し迫っているのは、最終段階の「セレニティ」への条件整備ともいえる3段階目の「メトロポリス」というアップデートで、9月下旬に実装されることになっています。

「メトロポリスと」と「セレニティ」が実行されると、トランザクションにかかるコストが圧倒的に安くなり、セキュリティも一気に強化されるので、金融業界にとどまらず、ありとあらゆる産業の様相を変えてしまうかもしれません。

JPモルガンが突如「R3コンソーシアム」から脱退すると同時に、リップル(Ripple)から最も匿名性が高いZcashに乗り換えましたが、イーサリアムが最終段階の開発を終えると、非常に匿名性が高い暗号通貨に生まれ変わるのです。

【関連】北朝鮮と人民元、暗号通貨を結ぶ点と線。米中ステルス戦争の勝者は?

その際に、イーサリアムに実装されるのが、Zcashで使われている「ゼロ知識証明」という技術で、9月下旬に予定されているメトロポリスの実施に当たっては、このZcashとの共同作業によって行われるとされています。

つまり、イーサリアムの性能強化と同時に、Zcashがもともと備えている匿名性技術に注目が集まると多くの投資家が期待しているのです。

ですから、JPモルガンがR3から脱退し、イーサリアムの開発や普及に取り組むEnterprise Ethereum Alliance(EEA)に加盟した上、Zcashとの提携を発表したのも自然な流れと言えます――

続きはご購読ください。初月無料です<残約8,000文字>

ビットコインは、もう一段、二段の下げがあるかも

ジハン・ウーも予想できない中国の規制のゆくえ

ICOバブルになった理由

「ビットコインは30万JPYまでの大調整後、第5の上昇波を受け入れる」?

「ICOバブルに乗ると、多くの人々はお金を失う」ヴィタリック・ブテリンの警告


※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年9月14日第223号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した全文や、本記事のパート2(ユーラシアの新通貨制度、ビットコインや他アルトコインの将来について)もすぐ読めます。

【関連】ビットコインは「ノアの方舟」なのか? 出口なき緩和マネー大洪水を生き残る術

【関連】敵の敵は味方。プーチンはなぜ暗号通貨「イーサリアム」支援を表明したのか?

【関連】北朝鮮リスクの損得勘定~ミサイル発射で誰がどれだけ「得」をする?=矢口新

<初月無料購読で今すぐ読める! 9月のバックナンバー>

・ロシア最強の暗号通貨「クリプトルーブル」とイーサリアム開発者のICOバブルの警告(9/14)
・脱ドル化本格始動-ユーラシア新通貨システムによる世界秩序(その2)(9/10)
・脱ドル化本格始動-ユーラシア新通貨システムによる世界秩序(その1)(9/7)

<こちらも必読!月単位で購入できる人気バックナンバー>

・崩壊せまる株式市場と逆相関の金(ゴールド)市場と仮想通貨市場(8/31)
・米中露を巻き込む暗号通貨戦争と金本位を基盤とした新通貨制度(その2)(8/26)
・米中露を巻き込む暗号通貨戦争と金本位を基盤とした新通貨制度(その1)(8/24)
・FRBの利上げが仮想通貨への資金流入を加速させる(その2)(8/19)
・FRBの利上げが仮想通貨への資金流入を加速させる(その1)(8/17)
・10月2日、COMSAのICOトークンは、日本の企業にとって資金調達の黎明となる(8/10)
・ジム・ロジャーズの警告「ソロスのキャッシュ撲滅宣言は超監視社会の訪れを早める」その2(8/4)
・ジム・ロジャーズの警告「ソロスのキャッシュ撲滅宣言は超監視社会の訪れを早める」その1(8/3)
・8月1日のハードフォーク後に分裂するビットコインとICOの未来(7/27)
・8月1日以降のハードフォーク分裂危機!ビットコインとイーサリアムの違いは その2(7/21)
・8月1日以降のハードフォーク分裂危機!ビットコインとイーサリアムの違いは(7/20)
・火星への大量移住計画と避けられない地球の氷河期突入(7/13)
・ロックフェラーのID2020「バイオメトリクス」は、ビッグブラザーを具現化する(7/6)
・制御できない政府から身を守る最善の方法(6/29)
・プーチンがイーサリアムへの支援を表明した~それは西側の中央銀行への挑戦(6/22)
・すでに始まっている欧州の金融危機とジム・ロジャーズの最悪の警告(6/15)
・地下経済に流れ込む闇の金(ゴールド)と忍び足で近づく金融崩壊(その2)(6/10)
・地下経済に流れ込む闇の金(ゴールド)と忍び足で近づく金融崩壊(その1)(6/8)
・「金(ゴールド)が銀(シルバー)を買っておけ」と言っている(その2)(6/1)

※8月以前に配信された記事を読むには、9月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、ご希望の配信月分バックナンバーをお求めください。

【関連】安倍総理の本音と大義。なぜ今が衆院解散のベストタイミングなのか?=近藤駿介

【関連】911から16年。仕組まれた国アメリカは「日本の核武装」に舵を切るか?=斎藤満

【関連】NHKは正気か?クロ現+に「ビットコイン詐欺」疑惑の中心メンバーが出演=山岡俊介

【関連】お金の終わりと始まり。ビットコインブームが告げる金融資本主義の臨界点=伊藤智洋

1 2 3 4 5

「カレイドスコープ」のメルマガ』(2017年9月14日第223号より一部抜粋、再構成)

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

『カレイドスコープ』のメルマガ

[月額756円(税込) 毎週木曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗」と言われます。国内外の確かな情報を、いくつも紡いで面にしたときに、初めて世界で起こっている事象の深層に迫ることができます。今こそ、ご自分のアングルと視座をしっかり持って、視界ゼロメートルの霧の中から脱出してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい