fbpx

北朝鮮はともあれ強いものは強い! ゴールド・原油は強気相場が目前に=江守哲

先週の金相場は大幅続落しましたが、上昇トレンドを保っています。また原油相場は多くの市場関係者がWTIだけを見て誤解しています。これはど素人の見方です。(江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて

本記事は『江守哲の「投資の哲人」~ヘッジファンド投資戦略のすべて』2017年9月25日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

市場関係者の多くは、ゴールド・原油相場の本質を誤解している

金相場は何に反応しているのか?

先週の金相場は大幅続落となりました。北朝鮮情勢が緩和する中、安全資産としての金買いが後退する一方、米国の追加利上げ観測の高まり長期金利の上昇につながり、金利の付かない金に売りが出ました。

また、米国を中心に世界的に株価が堅調に推移していることも、投資家のリスク回避姿勢の大幅な後退につながりました。

しかし、今回のFOMC受けて、金利は上昇しても、ドルは上昇していません。したがって、金相場は金利上昇だけに反応しているといえます。

一方、トランプ米大統領が国連演説で「北朝鮮を完全に破壊するしかなくなる」と警告したことを受けて、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は21日付の声明で「史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」と表明しました。

さらに北朝鮮の李容浩外相が、同国が太平洋上で過去最大級の水爆実験を行う可能性を示唆しました。これを受けて、北朝鮮情勢の悪化への警戒感が強まったことから、週末には買いが入り、下げ渋りました。

世界最大の金上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールドトラストの保有高は9月15日の838.64トンから22日には856.08トンに増加しました。

市場全体は下げているものの、ETFへの買いが増えていることから、年金や機関投資家は今回の下落局面を利用して資金を金に振り向けているものと考えられます。

COMEX金先物市場での大口投機筋のポジションは、9月19日時点で23万6089枚の買い越しとなり、前週から1万8671枚減少しました。

買いポジションが2万0846枚の大幅減少となった一方、売りポジションも2175枚減少しました。ネットの買い越しが減少したのは久しぶりで、今回の下げがいかに厳しいものであるかがうかがえます。

また、買いポジションの減少だけでなく、売りポジションも減少しており、上昇局面で売った向きが買い戻しを始めていることも確認できます。

高値で買いついた向きは損失覚悟の売りを出しているものの、売り方も買い戻しており、大きく下げないとみている可能性があります。

NY金先物 日足(SBI証券提供)

NY金先物 日足(SBI証券提供)

金相場はボトムをつけたのか?

さて、今後の金相場ですが、下げ止まるタイミングを模索すると考えています。

今回の金相場の下落の端緒は、北朝鮮情勢を背景とした地政学的リスクの緩和でした。

それまでは投資家がリスク回避姿勢を強めたことで、資産保全のために金を購入したことが、金相場の上昇につながっていました。また、金相場の上昇を受けて、トレンドが強まったと判断した投機筋の買いも相場水準を押し上げました。

しかし、北朝鮮情勢がやや緩和したことで買いが続かなくなると、手仕舞い売りが優勢となり、これが下落につながりました。また、下落基調に入ったことで、高値を買った投機筋が損切りの売りを出したことも、下落に拍車をかけた可能性があります。

したがって、投機筋の手仕舞い売りが止まるまでは下げ基調が続く可能性があります。ただし、売り方の買い戻しが入り始めると、下げ止まりが確認されると考えます。また、再びドル安が意識される中、底値を模索する動きが続くものと考えます。

節目の1300ドルは割り込んでいますが(※編注:本稿執筆9月25日時点)、重要なポイントはむしろ1275ドル前後であり、これを維持できていれば、上昇基調も維持されていると判断できます。

Next: 1320ドル超から金は再び強トレンド入り、株高・金高は続く

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい