fbpx

トランプ新大統領の演説を控え、日経平均は急騰を準備している(1/20)=橋本明男

トランプ新大統領が何を発言するのか私には全く分かりませんが、チャートはそれを境に急騰すると語っています。答えは月曜日で出ます。(『相場コラム『わしの罫線』』橋本明男)

来週の日経平均、想定レンジは18840円〜19850円

かまびすしい

世間はトランプトランプで、ああなればこう。こうなればああと、かまびすしい。そのトランプ就任式を前にした東京市場、底堅さを見せつけました。日経平均は65円高の19137円。TOPIXは5.31ポイント高の1533.46ポイント。出来高は概算17億9千万株で終わっております。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

TOPIX 日足(SBI証券提供)

TOPIX 日足(SBI証券提供)

日経平均先物の週足をみますと、上ヒゲ50円、下ヒゲ530円、実線部分30円の陰線となりまして、先週末に比べ90円安という型になっております。

これを受けまして、来週の展望です。

まず、日経平均の変動レンジ
上限:19850円
下限:18840円

以上が計算されます。

誰もがトランプの発言によって市場がどう動くか注目していると思いますが、ドル円またニューヨーク市場がどう動くかは、明日の朝には分かっていることです。ですから、もしも円高となってニューヨーク株が下げたとして、その場合は東京市場は全面的に売り物で始まって来ることは間違いありません。

その際、日経平均は300円安位の可能性はあると思います。これはあくまでも下げたらの話です。相場は相場に聴けとするならば、日経平均は今日の大引けを持って底入れ確認の線です。

月曜日高寄りで19280円位まで取って来るとすれば、火曜日小反落しておいて週末に向け19850円と来ると私の相場観測法は考えます。月曜日下げて18840円まで下げたとしても、週末金曜日は19350円位で終わって来るはずです。

トランプ新大統領が何を発言するのか私には全く分かりませんが、チャートはそれを境に急騰すると語っています。答えは月曜日で出ます。

では御健闘を祈ります。

【関連】なぜ個人FXトレーダーは「爆上げトランプ相場」に乗り遅れたのか? -PR-

【関連】吹き飛んだ楽観と強気。僕が考えるトランプ相場「撤退の条件」=長谷川雅一

相場コラム『わしの罫線』』(2017年1月20日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

相場コラム『わしの罫線』

[無料 平日刊]
チャーチスト歴35年!【橋本罫線考案者】テクニカルのプロである橋本明男が毎日綴る相場コラム。日々の株式市場の動向から、短期的・中期的な相場の行方を予測。また、東証1部の銘柄を中心に、今が狙い目の個別銘柄の情報も掲載しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい