fbpx

トランプの「口先介入」でドル円急落、戻り売り目線で対応すべき局面に=今市太郎

トランプがドル高に関して口先介入に踏み切り、ドル円は瞬間的に1.3円ほどの下落を示現。当面ドル円は、戻り売り目線で対応すべき時間帯にさしかかっていると言えます。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2017年2月1日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。月初のご購読は特にお得です!

「トランプ相場第二幕」遠のく。ドル円は月足20MAが重石に

ついに日本を名指しでけん制

中東・アフリカ7カ国からの入国を、国務省もしくは国土安全保障省から許可されている場合を除き90日間いきなり禁止しますから、という前代未聞の鎖国政策の実施で大揺れに揺れる米国ですが、その舌の根も乾かぬうちに、とうとうトラ様がドル高に関して口先介入に踏み切り、ドル円は瞬間的に1.3円ほどの下落を示現することとなりました。

米ドル/円 15分足(SBI証券提供)

米ドル/円 15分足(SBI証券提供)

為替で他国通貨をけん制するのは、大統領の政策としては、もっとも金のかからない行為のひとつで、しかも成果が見えやすいものですから、就任早々とうとうやらかしてくれることになったわけです。

しかも今回はさらにエスカレートしており、日本と中国は通貨切り下げで市場を手玉に取った、とはっきり日本も名指しにしていますので、穏やかではありません。

トランプ就任後、とにかくNYタイムではドル円は絶対ロングのポジションを持たないようにしていますが、案の定本日も、いきなりとんでも発言で、ドル円はあっという間に下落を果たしてしまいました。

しかも、こうした要人のまるでテロのような発言は、事件や事故と違ってその後の話がなにもでない一発ものの暴言ですから、下げるだけ下げるとショートカバーも出やすくなり、ここ数日は1回のショートカバーでドル円は難なく70銭幅程度が毎日、日によっては31日のように東京タイムとNYタイムの2回楽しむことができるようになってきています。

個人投資家はもっとトラ様に用心が必要

巷では、トラ様相場第二幕の開幕を期待する声も多くなっていますが、果たしてそんなに旨く上昇局面が訪れることになるかどうかはかなり疑問な状況になってきています。

Next: 戻り売りで攻めるファンド勢。2月10日の日米首脳会談に要注意!

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい