fbpx

「この人はウチじゃムリ」就活時の適性検査で人事はあなたの何を見てる?=東条雅彦

良く見せようとするのは逆効果

東条:へぇー、なるほど。じゃー、僕の適性検査の結果と、実際に会った時の印象ってどんな感じでしたか?

にっしーほぼ適性検査の結果と同じ印象やったよ。ただ、まっちゃんの第一印象は無駄に熱いなとは思ったかな。あと、結構、変わった人というか。履歴書の趣味・特技の欄に「自作PCの早組み」とか「マンガの速読」とか意味不明なことを書いていたけど、やっぱりシステムの人って変わっているなーって。そういう細かい部分は実際に会ってみないとわからない

東条:無駄に!?(笑) まぁ結局、会って話してみないとわからないということですよね。ところで、この適性検査で、不採用にはならないかもしれないけど、不利になる項目はありますか?

にっしー:ああ…それはあるよ。この診断テストの「9. 注意すべき点」にある『一貫性』と『虚偽性』の項目。「一貫性に欠ける」と判定されている人は、真剣に回答していない可能性が高い。「虚偽性が高い」と判定されている人は自分を良く見せようとする意識が高い。この2項目に注記が入ってしまうと、ちょっと身構えてしまうかな。

東条:例えば、虚偽性の高いという警告が出ている人は、やっぱり面接でも良く見せようとする人が多いのですか?

にっしー:多いね。それは面接をしていて、やっぱり伝わってしまうもの。ある意味、適性検査の精度は高いと思うよ。

東条:一貫性に欠けると判定されちゃった人は、どんな感じの人ですか?

にっしー:うーん、一貫性に欠けるの方は結構、受験者が適当に回答している証拠やから、いわば、この適性検査の結果自体の信憑性に関わってくるし…。一概にこういう傾向があるとは言えないね。

東条:一貫性にしても虚偽性にしても、注記が入ってしまうと、ちょっと印象は良くないですよね?

にっしー:まぁー、確かね。適性検査は正直に受けるというのが本当に大事で、何か取り繕ったりすると、一貫性や虚偽性に注記が表示されてしまうんよ。何か意図的に繕ってしまうと、受験者の人にとってはかなり不利になってしまうと思うよ。

東条ほとんど人の心が読めるスタンド能力ですよ、これ。

にっしー:おれは『ジョジョ』知らんし、わからんわ。

東条:とにもかくにも、ありがとうございました…。いやー怖いですね。この適性検査は――

【関連】勝敗は五分五分。悩める上司の「ハラスメント対策」はここがポイント=奥田雅也

【関連】お金持ちを見習って「長財布」を使う人がますます貧乏になるワケ=午堂登紀雄

【関連】今は貧乏でも怯むな!株で勝つと決めた途端「退屈な日常」が輝く理由=鈴木傾城

1 2 3

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資〜雪ダルマ式に資産が増える52の教え〜』(2017年10月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー