fbpx

大事件発生を予告か?英語圏版2ちゃんねる「4chan」に不気味な投稿=高島康司

謎の投稿が伝えている情報とは?

トランプは、ある勢力から大統領になるように依頼された人物だ。彼の役割は、根底から腐っているワシントン政界を本格的に浄化することである。そのようなトランプを守っているのは、アメリカのなかでも腐敗していない唯一の組織である海兵隊である。そしていま、軍に所属する情報機関とCIAやFBIとの間で、暗闘が繰り広げられている。この動きを背後で指揮をしているのは、国防情報局(DIA)の長官で、更迭されたマイケル・フリン中将である。

また、いまロシアゲートでトランプ政権を摘発しているロバート・ミュラー特別検察官も軍の出身で、実はトランプ陣営の仲間だ。ミュラーはロシアゲートの捜査対象を民主党にまで拡大し、民主、共和両陣営の本格的な捜査と摘発を開始した。トランプの選挙キャンペーン部長でいま摘発されているマナフォードは、トランプ陣営に送り込まれたスパイである。スパイは彼だけではない

この戦いは11月3日のポデスタの起訴から始まる。また、11月6日にはフーマも起訴されるはずだ。トランプ大統領の13日間という長期のアジア外遊が予定されているのは、この期間にワシントン政界の浄化を進めるべく、さまざまな人物の起訴と逮捕が予定されているからだ。トランプ大統領の帰国後は、これまでとは異なったアメリカになるはずだ。

トランプ大統領の身の安全は保証されている。外遊中の大統領専用機やトランプの身の安全は、海外に駐留する米軍、特に海兵隊によって守られている

以上である。

投稿にある「マナフォード」とは、いまミュラー特別検察官によって起訴されているトランプ陣営のキャンペーン部長のことである。また「ポデスタ」とは、クリントン陣営の選挙対策部長とキャンペーンマネージャを努めたジョン・ポデスタとトニー・ポデスタの兄弟のことである。

そして「フーマ」とは、サウジアラビア出身でヒラリーの側近のフーマ・アバディンのことである。ちなみにフーマ・アバディンは、いまセックススキャンダルで起訴された下院議員、アンソニー・ウィナーの妻である。イスラム原理主義組織、ムスリム同胞団の著名な家系の出身でもある。なぜこのような人物がヒラリーの側近であるのか謎が多いとされている。

ところでポデスタやフーマ・アバディンは起訴はされてはないようだ。ただトニー・ポデスタはミュラー特別検察官の取り調べを受けている。起訴は時間の問題と考えられている。また、いま首都ワシントンの地方検察局には7人の人物が起訴されているが、その名前は公表されていない。そのなかに、ポデスタ兄弟とフーマ・アバディンの名前がある可能性もあるかもしれない。

Next: 都市伝説ではどうしても説明できない内容、北朝鮮についての投稿も

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー