fbpx

銀座の美人ママがこっそり教える「空気が読めない男性」に足りない力とは?

なぜか「空気が読めない人」に欠けているもの

人とのお付き合いも然りです。自分の考え方や立場だけで物事を考え行動していると、良いお付き合いが長く続くことは難しいと思います。

相手の立場に立って考えることは、相手とより良い関係を関係を築き、理解し合いたいと願う時には大切なことです。読解力=理解力とも言えるのかもしれません。

人とお付き合いをしていく中で言葉力=表現力が足りなくて空気が読めなかったり、人の心が読み解けなかったりして、その人自身の魅力や面白味を相手に感じさせることができない人がいます。

空気を読むことができない人は、相手の話を真剣に聞いていなくて聞き流していたり、自分の考え方や見方以外のものを受け入れられなかったり、物事を否定的に捉える傾向があるように感じます。

空気を読んだり人の心や行動が読み解けない最大の原因は、自分のことで精一杯で、ほかのことを考えたりする心の余裕がなく、意識を向けることが難しいことだと思っています。

心の余裕を生むためには、どんな環境や時間の過ごし方が自分には必要なのか。これをまずは考えるところから、始めてみると良いのではないでしょうか。

ウソではない「読書で読解力アップ」

また読解力を高めるためには本を読むことがいいとよく言われますが、私も同感です。本を読むことで、使える単語や表現を増やすことができます。

また、読んだ本や聞いた話などを簡単にまとめて誰かに伝えることでも、読解力は高まっていくのではないかと思います。

人が話している内容を真剣に聞き、自分の意見を相手に聞いてもらえるように伝える能力が高まるように意識して人と接していく中で、応用しながら自分のものにしていきましょう。

Next: 「読解力がない相手」と上手に意思疎通するコツとは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー