fbpx

株のためなら酒井法子もシャブり尽くす? ウルフ村田氏の危険な夢冒険=山岡俊介

ウルフ村田氏が煽り屋として暗躍する新たな銘柄として「ピクセル」が浮上した。なんとシャブによる逮捕で世間を騒がせた酒井法子まで利用しているようだ。(『アクセスジャーナル・メルマガ版』)

※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2017年11月20日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山岡俊介(やまおか しゅんすけ)
1959年生まれ、愛媛県出身。神奈川大学法学部卒。零細編集プロダクションに2年半在籍し、29歳で独立。91年『週刊大衆』の専属記者を務めながら『噂の真相』『財界展望』などを中心に記事執筆。主な著書に『誰も書かなかったアムウェイ』『アムウェイ商法を告発する』(以上、あっぷる出版社)、『銀バエ実録武富士盗聴事件』(創出版)、『福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実』(双葉社)など。

有名人を使って株価を2倍にする買い煽り…ほか重大疑惑の数々

またウルフ村田氏が買い煽り、今度は「ピクセル」

「ストリーム」の相場操縦で何人も逮捕されたものの、逮捕を免れた仕手筋連中は相変わらず「GFA」(8783。JQ)、「ピクセルカンパニーズ」(2743。JQ)などを“煽り屋”を利用して煽っている

その有力な“煽り屋”の1人が、かの「ウルフ村田」だ。

関係者がピクセル株を買い集めたのは10月下旬のこと。平均取得価格は250円程度。

同社株は10月23日から、これというプラス材料もないし、継続前提に重要事象にもかかわらず、出来高が増えて急騰しだした。これは仲間内でやったと思われ、それで一般投資家に注目させた上で、11月に入ってウルフ村田が登場。LINE・ツイッターを利用して何度も煽り、一般投資家に提灯をつけさせた模様だ。

そして11月13日にはついに一時、倍以上の500円を突破している。

ピクセルカンパニーズ <2743> 日足(SBI証券提供)

ピクセルカンパニーズ <2743> 日足(SBI証券提供)

この間のウルフのLINEにおける主な煽り具合は、以下の通りだ。

どうやら、同社がマカオにおけるカジノ見本市に出店していることを材料に、シャブによる逮捕で世間を騒がせた酒井法子まで利用しているようだ――

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

「ストリーム」相場操縦事件、松浦グループ3名のその後――小池知事との意外な接点も

本紙で徹底追及している、インターネット関連会社「ストリーム」(3071。マザーズ。東京都港区)の株価を不正につり上げたと見られる事件だが、これまでに計6名が金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で逮捕されたのは既報の通り。

先に逮捕された株式ブローカーの3名が再逮捕されたことはお伝えしたが、追加逮捕された松浦正親容疑者(45。10月15日)、佐戸康高容疑者(58。10月17日)、四方啓二容疑者(46。10月18日)の現状はどうなのか?

なお、再逮捕の件をお伝えした際、関係者によれば、笹尾明孝容疑者は1回目逮捕の件に関しては不起訴(起訴猶予)とも報じたが、それは他の2名も同様の模様だ。

さて、松浦大助グループと見られる3名の方だが(小池百合子東京都知事との接点も以下に。証拠写真も)――

※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

Next: 独自情報を元に銘柄分析:「資生堂」に妙味あり?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい