fbpx

クレカを凌駕する勢い「ブランドデビットカード」の侮れない魅力まとめ=岩田昭男

現金以外の支払いツールで、大きなシェアを占めていたのがクレジットカードです。この状態に一石を投じたのが「ブランド・デビット」と呼ばれるデビットカード。メリットやクレジットカードとの違いなど、デビットカードの魅力を紹介しましょう。(『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』岩田昭男)

※本記事は、『達人岩田昭男のクレジットカード駆け込み道場』2017年11月1日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:岩田昭男(いわたあきお)
消費生活評論家。1952年生まれ。早稲田大学卒業。月刊誌記者などを経て独立。クレジットカード研究歴30年。電子マネー、デビットカード、共通ポイントなどにも詳しい。著書に「Suica一人勝ちの秘密」「信用力格差社会」「O2Oの衝撃」など。
岩田昭男の上級カード道場:http://iwataworks.jp/archives/12912

審査不要ほかメリット多数!デビットカードの魅力と使い分け方法

デビットカードは「即時払いのカード」

デビットカードとは、いわゆる「即時払いのカード」です。スーパーやネットショッピングの買い物などに利用すると、銀行の預金口座からすぐに代金が引き落とされます

名前の「デビット(Debit)」とは、「引き落とし」という意味があります。デビットという名前を聞いて、J・Debit(ジェイ・デビット)を思い出した人がいるかもしれません。これは2000年にスタートした金融機関のキャッシュカードで全国の加盟店の店で直接支払いができる即時決済サービスです。銀行などの金融機関が発行したキャッシュカードがそのまま使え、新たにカードを作る必要はありませんから便利です。

しかし、利用できる加盟店数が少ないこと、システムの仕様上24時間いつでも利用できるわけではないこと、ポイントやキャッシュバックといった特典もついていないなどの理由もあり、利用している人は少ないようです。

ここで取り上げるデビットカードは、J・Debitではなく、「ブランド・デビット」という国際ブランドがついたデビットカードです。

「Visaデビット」と「JCBデビット」の2種類がある

この「ブランド・デビット」と呼ばれるデビットカードには、VisaデビットJCBデビットの2つの種類があります。

違いは、VisaデビットはVisaの加盟店で利用でき、JCBデビットはJCBの加盟店で利用できるという点です。金融機関では、VisaデビットとJCBデビットのいずれかを出しているところもあれば、両方の国際ブランドのデビットカードを出しているところもあります。

特典についても違いがあります。たとえば、Visaデビットは利用額の0.2%または0.25%などを決済口座にキャッシュバックしたり、あるいは提携する共通ポイントがもらえたりします。

一方、JCBデビットは1000円につき1P、JCBの「ОkiDokiポイント」をつけるところが多いですが、なかには100円で1Pの独自のグループポイントをつけているところなどがあり、それぞれ特色を出しているのが実情です。

ちなみに、三菱東京UFJ銀行は「三菱東京UFJ・Visaデビット」を出していますが、11月12日より「三菱東京UFJ・JCBデビット」の取り扱いも開始しました。申込みはインターネットからになりますが、2018年1月5日からは本支店窓口でも取り扱う予定です。

Next: 審査不要ほか、クレカにはないデビットカードのメリットとは

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい