fbpx

クレカを凌駕する勢い「ブランドデビットカード」の侮れない魅力まとめ=岩田昭男

キャッシュバックやポイントがもらえる

デビットカードのメリットは、15歳以上(金融機関によっては16歳)なら誰でも持てることです。クレジットカードは持ちたくない人、あるいは持つことができない人などにとっては便利です。

また、利用できる金額が銀行の自分の普通預金口座の範囲内なので、使い過ぎる心配がありません。会計時にお財布からお金を取り出したり、お釣りで小銭をもらうこともないので、お財布が小銭で膨らむことがなく決済をスムーズに手早く済ませることができます。

利用金額に応じてポイントがついたり、キャッシュバックといった特典がついていることも魅力の1つでしょう。

そして、何といっても特徴的なのがVisaやJCBといった国際ブランドがついていることです。これらの国際ブランドがついていることで、スーパーやコンビニをはじめ、レストランや百貨店、ネットショッピングや海外などでも使うことができます

デメリットは、一般的にクレジットカードと比べてポイントの還元率や付帯保険などの面でサービスが劣ることぐらいです。

クレジットカードのような入会審査がない

それでは、デビットカードと、それ以外の支払いツールとなるクレジットカードやプリペイドカードと何が違うのか見ていきましょう。

ちなみに、プリペイドカードとは、事前にチャージしておけば、チャージした範囲内で利用できる前払いのカードのことです。最近ではデビットカードのように国際ブランドがついたものが出ており、「ブランド・プリペイド」と呼ばれています。ここで比較するプリペイドカードは、「ブランド・プリペイド」を指しています。

まず、入会審査については、クレジットカードはありますが、デビットカードやプリペイドカードについては基本的にありません

利用できるところは、いずれも国際ブランドがついているので、それぞれの国際ブランド加盟店などで使うことができます。

支払い方法は、クレジットカードは後払いです。カードによって引き落とし日が異なりますが、いくつかの引き落とし日から選択できる場合もあります。プリペイドカードは前払いです。一方、デビットカードは、買い物などに利用すると、原則、すぐに自分の預金口座から引き落とされる即時払いとなります。買い物したい、あるいは食事がしたいけどお財布の中の現金は心もとない。近くにATMはなく、あっても無料で利用できる時間外なので引き出し手数料がかかってしまうというときなどは便利といえます。

自分の口座から引き落とされるので手数料もかからず、クレジットカードのように後から引き落とされることもないので、家計管理も簡単にできそうです。

利用できる限度額は、クレジットカードの場合は、カード会社が決めた金額です。プリペイドカードは自分が入金した金額の範囲内です。そしてデビットカードは自分の預金口座の残高まで使うことができます。

気になるポイントやキャッシュバック率については、クレジットカードやプリペイドカードは0.5%からで、デビットカードは0.25%からとなります。

Next: クレカ、プリペイド、デビット…この3枚を有効に使い分けるには?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー