fbpx

バック・トゥ・ザ・日経平均~あの時叶わなかった4万円の約束をもう一度=武田甲州

今後の日経平均株価は?

ということを前提にして、今後の日経平均株価ですが、日経平均株価の1株利益は大雑把に以下のようになると予想します。

<日経平均株価の1株利益(予想)>

18年末:1,800円
19年末:2,000円
20年末:2,300円

PER14~16倍の範囲の日経平均株価予想は、こうなります。

<日経平均株価(予想)※PER14~16倍の範囲>

18年末:2万5,200~2万8,800円
19年末:2万8,000~3万2,000円
20年末:3万2,200~3万6,800円

株式市場は、期待値が高まるとPERが上昇します。2013年以降の最高PERは、毎年16倍を超えています。17年も最高PERは16.60倍。数値上は3万8,180円と計算されますが、世界景気拡大を背景に日本企業の業績が予想以上に拡大すれば、2018年内の3万円回復とか、2020年内に4万円台乗せということも、あながちありえないことではないと思います。

10~11月にかけての日本株急騰劇には驚く人もたくさんいたようですが、企業業績を見れば当たり前のこと。今後はもっと驚くような上昇相場も出てくるかもしれません。たとえば2万5,000円から3万円台乗せ、そして3万5,000円から4万円台に乗る時のスピードです。

【関連】株高の今「資産100万円」の人が株式投資で成功するための戦略とは?=鈴木傾城

こういうことを考えると、日経平均連動ファンドや日経平均採用の高株価銘柄への投資が非常に高効率になるように思われます。

続きはご購読ください。初月無料です

image by:taro911 Photographer / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』2017年11月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

・バックトゥザ4万円(11/27)
・キャッシュレス社会(11/20)
・株の話題が増えたのはいいこと(11/13)
・FRB次期議長にパウエル氏(11/6)

【関連】平凡で幸せなお金持ちが「踏み台にする会社」はなぜ古くてダサいのか?=午堂登紀雄

【関連】任天堂に勝てるのは任天堂だけ。好発進Switch「Wii超え」の条件は?=安部徹也

【関連】投資のプロならスルーできぬ、あのバリュー株の理不尽な急落を見逃すな=炎

1 2

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』(2017年11月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム

[月額550円(税込) 毎週月曜日]
証券アナリスト武田甲州が、経済やマーケットの先読み・裏読み情報を毎週月曜日に発行。2008年3月のセミナーでは米国で最大300兆円の公的資金投入を予想。2008年9月末時点で米国のゼロ金利、量的緩和政策実施を予測するなど大胆な未来予測情報もあります。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい