fbpx

俳優の竹内力が広告塔「1000億円巨額詐欺」に関与した民進党元代議士とは?

巨額詐欺に関与した元代議士2名の実名

ところで、同社は東京は国会に程近い永田町2丁目のビルに支店を構えている。そこで、2人の元国会議員の名前を明かそう。

1人は民主党(現・民進党)前代議士の生方幸夫氏(67。当選5回)。
もう1人は民主党元代議士の古賀一誠氏(67。当選7回)。

2人はZANNの取締役に15年9月から昨年7月まで就いていた。なかでも生方氏の方は同期間、日本における代表者まで務めていた。情報提供者によれば、この間、中村氏はこのZANNでも100億円以上集めているという。

竹内は今年の正月、マカオ現地を視察。マカオの日本語新聞に出て今年2月末には買収の契約を予定しているというが、実現するわけがなく、竹内を信用して投資した者もいるであろうことを思えば、2人の元代議士もそうだが脇が甘いでは済まないだろう。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

No.365(2/20) ※本記事で一部抜粋、続編記事(2)が配信されています

・元代議士2人も役員に――竹内力が騙されている詐欺集団親玉はあの中村浩一郎だった(2)
・「アクロディア」の増資引受に登場したあの有名弁護士(2)
・地面師詐欺ボスに懲役7年――内田マイクとも繋がっていた生田グループ

No.364(2/13)

・「アクロディア」の増資引受に登場したあの有名弁護士(1)
・提訴の可能性も――「アイディホーム」の上場ライバル会社社員大量引き抜き問題
・<連載>安倍晋三首相自宅放火事件の闇(最終回)奇怪――安倍首相自身も自分の自宅放火犯に会っていた!
・医学部新設に続き――「東芝病院」売却先に、あの「国際医療福祉大学」急浮上(2)

No.363(2/6)

・<連載>安倍晋三首相自宅放火事件の闇(4)
・「リミックスポイント」国重前社長が狙う2冊目のベストセラー!?
・医学部新設に続き――「東芝病院」売却先に、あの「国際医療福祉大学」急浮上(1)
・ライバル会社による「マルハン」出店阻止工作の闇(8)~P社が組長などに依頼していた決定的証拠


※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2017年2月20日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。今回の記事の続報や、毎週の相場展望&MY注目銘柄、さらに話題の連載「安倍晋三首相自宅放火事件の闇」もすぐ読めます。

【関連】「仮想通貨詐欺」にご用心!ビットコインの落とし穴はこう乗り越えろ=俣野成敏

【関連】「ウマい投資話にダマされる人」5つの特徴。詐欺師の手口いろいろ=俣野成敏

【関連】現役40代を“戦場”に放り出す「確定拠出年金」の残酷なメッセージ=持田太市

1 2

アクセスジャーナル・メルマガ版』(2017年2月20日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

アクセスジャーナル・メルマガ版

[月額880円(税込) 毎週月曜日]
2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい