「お金がない」は甘え。誰でも必ずお金が貯まる方法がある=川畑明美

誰でも必ずお金が貯まる方法があります。とても簡単な方法ですが、コレを意識して行動している人が少ないので、みんな「お金がない」と言っているだけなのです。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

100円の飴を買うのもムダ使い。誰もが貯金したくなる魔法の思考

意識している人はごくわずか

お金が必ず貯まる方法を知りたいですか?

実は、とっても簡単な方法なんです。ところが、コレを意識して行動している人が少ないので、みんな「お金がない」と言っているだけなのです。…もったいぶっても仕方がないので、その簡単な方法を教えますね!

本当に使いたいことの金額を知る」。ただ、これだけなんです。

「え? そんなの知っているよ」と思ったあなた。自分が何年後に何にいくら使うか、把握できていますか?

お子さんの教育費くらいは把握できていても、それ以外のお金の使い道を決めている人はほとんどいません。

自己啓発系のセミナーに行くと、数十万円、中には100万円以上を支払って、やりたいことリストを書いたりしていると思います。

そのワークをやったことがある人でも、「ライフイベント表」を書いてもらうと、何を書いたらいいのかわからずに真っ白のままなのです。

本当にお金を使いたいことをブラッシュアップ

「本当に使いたいことの金額を知って」いれば、ライフイベント表は真っ黒になるはずです。大金をかけて自己啓発をしても、自分の生活に落とし込めていないのです。

「本当に使いたいことの金額」が割り出されていないから将来が不安に感じるし、漠然とお金が足りないと感じてしまうのです。

本当に使いたいことの金額を知っていれば、たった100円の飴を買うのも、ムダ使いだと理解できるはずです。

かく言う私も、試行錯誤して「本当に使いたいこと」をいつもブラッシュアップしています。

私が一番夢中になって考えているのは、子ども達が大学生になって家を出た時のこと。今の家を賃貸にして、私たち夫婦の住む家を会社の社宅にしよう!と思っています。

社宅が借りられるくらいの売上はかなり高く、いまの事業のままでは無理です。なので、必死に新しい事業を考えたり、必然的に仕事に夢中になっています。

また私は、夢中になると仕事ばかりしてしまい、休みも取らなくなり、そして仕事の効率が悪くなることも最近は理解できてきました。

なので、強制的に旅行する日を家族会議で決めています。

あなたも「本当に使いたいことの金額」を決めて、ライフイベント表を作ってみてくださいね。本当にお金、貯まります!

【関連】低年収でも「1000万円」は貯められる!20~30代に贈る逆転の貯蓄術=川畑明美

【関連】今は貧乏でも怯むな!株で勝つと決めた途端「退屈な日常」が輝く理由=鈴木傾城

【関連】「40~50代で貯金ゼロ」なら何をすべき?崖っぷち世代の貧乏脱出術=午堂登紀雄

教育貧困にならないために』(2018年2月28日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい