fbpx

低年収でも「1000万円」は貯められる!20~30代に贈る逆転の貯蓄術=川畑明美

20代は154.8万円、30代は404.1万円が平均貯蓄額。あなたはこれを上回っていますか? もし今、貯金がゼロでも、お金を貯めて大逆転する方法があります。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

プロフィール:川畑明美(かわばた あけみ)
ファイナンシャルプランナー。2人の子どもと夫婦の4人暮らし。子育てをしながらフルタイムで働く傍ら、投資信託の積立投資で2000万円の資産を構築。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌を中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチング・サービスを展開している。

まずは月収6ヵ月分を貯めよう。サルでもできる堅実な節約投資術

年収300万円で貯蓄1000万円!?

もしも、年収300万円の同僚の貯蓄額が1000万円もあったら、どう思いますか? しかも1人暮らしで彼女までいるリア充なのに。

実際は、年収300万円でも貯蓄額1000万円は夢の数字ではないのですが、20代や30代で1000万円の貯蓄がある方は少数ですね。

それでは、年代別の平均貯蓄額をご存じでしょうか。厚生労働省が平成28年に調査した国民生活調査によると、20代の平均貯蓄額は154.8万円

20代のあなたは、この貯蓄額を上回っていますか? それとも、少ないですか?

私の事務所にご相談に来る20代の方は、意外にも男性が多いのです。資産残高も平均貯蓄額よりも多く、ご結婚も視野にあって、彼女さんとご一緒に相談にきたりします。

私は40代ですが、同世代の40代男性は短期間で大きく増える投資(というより投機的)商品がお好みです。ところが20代の方は、年金をはじめ社会保障制度の崩壊の記事を見ているので、堅実な投資を好むようですね。

ところが悲惨なのは、20代の高学歴女性からの相談でした。学歴も高く自分の望んだ仕事をしているのですが、非正規雇用なので年収は200万円程度。もちろん貯蓄もありませんでした。

なぜ154.8万円の貯金が必要なのか?

20代の平均貯蓄額154.8万円くらいの貯蓄が必要な理由を考えてみましょう。まず、20代の月額手取り収入の平均は、15~20万円くらいです。仮に月20万円の手取り収入として、154.8万円を割ると、約7.5か月分の手取りと同じくらいになります。

私は投資をする前に、月収の6か月分の預貯金があることを前提としています。これには、根拠があります。例えば、病気やケガで仕事を休まなければならなくなった場合を考えてみましょう。

会社員の場合、従業員のために「傷病手当金」や「高額療養費制度」を用意してくれています。病気やケガで何日か会社を休む場合、傷病手当として、当初の3日間の保障はありませんが、4日目以降は、標準報酬日額の3分の2が支給されます。月収20万円だと月に6万7000円ほど不足します。

また治療費については、高額療養費制度があります。簡単に言うと、1か月に負担しなくてはいけない治療費の上限を決めている制度です。所得区分によって違いがありますが、病気の治療で300万円かかった場合を計算すると、月収20万円だと5万7,600円が上限です。

月収の不足額と医療費を足すと12万4,600円になります。病気やケガで1年間働けなくても平均貯蓄額の154.8万円あれば足りるのです。

Next: 「お金が貯まる30代」になるために、今すぐやるべきこと

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい