fbpx

低年収でも「1000万円」は貯められる!20~30代に贈る逆転の貯蓄術=川畑明美

30代では、平均貯蓄額404.1万円よりも上を目指そう

20代の場合、独身の方も多いので、自分の生活を中心に考えればまずは大丈夫です。しかし30代になると、結婚して家族も増える時期です。結婚、出産、住宅取得と出費が多くなってきます。「結婚する予定がないから、貯めていません!」というあなたは、危険信号が灯っていますよ。

前述の厚生労働省の調査結果によると、30代の平均貯蓄額は404.1万円です。あなたは、これよりも少ないですか? 多いですか?

私個人的には、平均貯蓄額よりも少し多めに貯蓄することをおススメします。

なぜなら、30代の結婚前・結婚後すぐの頃が、第一の貯め時なのです。この時期にしっかりと貯蓄しているかどうかで、その後の生活が豊かになるか、みじめになるかの別れ道になってしまうのです。

お金を貯める!シンプルかつ最強の方法

では、どうやってお金を貯めればいいのでしょうか?

まず、最初にして欲しいのは、貯蓄用の銀行口座を新しく作ることです。え? それだけ? って思いましたか(笑)

お金は、見える化することが重要なんです! 口座を分けることで、貯金がいくらあるのかが一目瞭然になります。お給料が出たらすぐに、生活費用の銀行口座と貯蓄用の銀行口座にお金を振り分けてくださいね。

貯蓄用の口座にお金が貯まるとモチベーションが上がります。クライアントさんの中には、喜々として「もう、12万円も貯まりました!」と報告してくださる方もいます。

最初は、普通預金に分けて入れるだけでOKです。私も20代の頃にやっていました。貯蓄用の口座にお金を振り分けますが、どうしても生活費が足りない場合は、貯蓄用口座から引き出したこともありました。

あまりルールを厳しくやり過ぎると、続きません毎月2万円を貯蓄用口座に入れるとして、年間24万円を貯めると決めます。

どうしても不足した場合は、使ってもいいルールにして、翌月以降に使ってしまった金額を上乗せして、1年間で24万円の貯蓄だけはキープしていました。1年間で貯めた24万円の半分は定期預金などに預け替えて、少しでも利率を増やします。

Next: 「見える化」だけで、お金はどんどん貯まりはじめる!

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー