fbpx

でもやっぱり若い女性と結婚したい…独身タラレバ男の願望の下げ方=山本昌義

実例その2:どうしても若い女性に目がいく(男性・30代後半)

30代後半の独身男性から、願望について相談を受けました。「どうしても若い女性に目がいく。願望ってどう下げたらいい?」という内容です。

何でも、アタマでは無理とわかってても、どうしても婚活では若い女性を狙ってしまい、そして失敗を繰り返してしまうそうです。少しでもより良い人と結婚したい。男女を問わず、婚活においては誰もが陥るトラップですね…。

このようなときの「願望の下げ方」について考えたいと思います。

既婚者に現状を聞いてみる

さて、まずは基本かもしれませんが、「周囲の幸せそうな既婚者に話を聞く」というのはいかがでしょうか?

それもできれば、あなたが望まないような人と結婚した方がいいかもしれません。あるいは、理想的な人と思って結婚したものの、今は不幸あるいは離婚した方も、十分にあなたにとって参考になるハズです。

もっとも、そもそもこういったプライベートなことは話さないことも多いですが、だからこそ独身者は、ついついイメージが先行してしまうのでしょう。

また、既婚者の多くは幸せであれ不幸であれ、独身者を相手にすると、不思議なほどに現状を語ってくれるものです。

ぜひ一度、結婚の実体を聞いてみませんか?

なお、一般的には友人や同僚が聞きやすい対象ですが、聞きにくければ、既婚者のブログを読むのも効果的かもしれません。結婚の実体を知り、現実の結婚生活を知れば、きっとヘンな願望も下げられることでしょう。

自分よりも年上の独身者はどう考えている?

さらに、似たような手法として「自分より年上の独身者に話を聞く」のも、別の意味で効果的といえます。

この場合の効果とは、多くの場合で「自分の置かれている有利な環境」と共に、「急がなければマズい」という現実について知ることに繋がるハズです。

どうしても婚活においては、男女共に年齢に勝る武器がありません。1歳でも若い方が有利です。

しかし一方で、相対的に若いうちは不思議とそのメリットを理解しにくく、人や物と同じで、年齢も失ってから重要性に気づきます

もちろん、ただ話を聞くだけでは、なかなか現実には気づけないでしょう。しかし、この内容をアタマに置いた上で聞けば多少なりとも、真意が伝わるハズです。

そうやって自分の立ち位置を客観的に理解し、同時に既婚者の経験も併せ持てば、一気に願望を下げることに繋がるでしょう。

【関連】「年収350万、若い女性と結婚したい」40代の婚活男性がハマる罠とは?=山本昌義

より良い人と結婚したいのは誰もが同じですが、それは未来の結婚相手だって同じです。

まず自分の願望を下げ、そして相手にも下げてもらい、現実的に結婚を狙っていきましょう

次項からは、30~40代の女性の相談を取り上げます。男性にとっても、女性を知るうえで参考になる内容になっています。

Next: 「急にモテなくなった」と嘆く30代後半の女性。結婚するには?

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー