fbpx

「投資するお金がない」は甘え。誰でも収入に見合った資金で夢を叶える方法=川畑明美

収入のうち、どれくらい投資してもいいの?

続いて、「収入の中で、どのくらい投資に回せばよいかわからない」という悩みについて、30代で貯金がゼロという前提でお話します。

まず、収入の10%のお金は、貯蓄や投資に回すと決めましょう。手取り26万円としたら、2万6,000円です。

貯金がゼロ円でしたら、まず生活費の6ヶ月分を預貯金で確保したいですね。万が一何かがあった時のお金です。手取りから預金分を差し引いた「23万円×6ヶ月」で、138万円です。収入の10%に加え、ボーナスの半分も貯蓄できると、貯まるのが早いですね。

さて、生活費の6ヶ月分が確保できるまで、投資をしてはいけないのでしょうか?

そんなことはありません。貯蓄額の10%程度は、投資信託を利用した方が良いです。

たった3,000円の投資でも大きく違う

先ほどの例では、3,000円くらいでも投資に回してみましょう。

たった3,000円と思われるかもしれませんが、3年くらい運用すると、随分と違ってきます。預貯金ではまったく増えないので、その違いにビックリします。

先日も、3年振りにセッションしたクライアントが「投資信託だけで、こんなに増えるとは思いませんでした」と、喜びの声をいただきました。

増えるのがわかると、少しでも増額したくなります。100円でも200円でも、投資額を増やしてくださいね。

すると、今まで浪費していた人も節約が上手になるので、ビックリします。

「収入の10%」は投資していい

預貯金は、生活費の6ヶ月以上は必要ありません。それが準備できたら、すべて投資に回しても大丈夫です。

つまり、収入の内の10%は、投資に回していいってことです!

投資信託だけでも、月2万円くらい積立できれば、お金が貯まるスピードが速くなります。ある程度資産ができたら、実現したい夢に合わせて、もう少しリスクを取った投資も取り入れていいでしょう。

投資信託で100万円くらいになったら、その10%はもっとリスクをとって利率を上げましょう。

【関連】今は貧乏でも怯むな!株で勝つと決めた途端「退屈な日常」が輝く理由=鈴木傾城

【関連】「40~50代で貯金ゼロ」なら何をすべき?崖っぷち世代の貧乏脱出術=午堂登紀雄

【関連】日銀がついに「敗北宣言」。物価目標2%を諦めるほど、日本は貧乏になっている=斎藤満

1 2

教育貧困にならないために』(2018年5月20日, 21日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー