fbpx

スマホ世界出荷台数はマイナス成長へ。王者Appleとアプリ業界はどう動く?=シバタナオキ

世界出荷台数が前年比でマイナスに転じるなど、スマホ業界が大きな転機を迎えています。人気機種やアプリ業界の現状をデータで見ながら、今後のトレンドを考えてみましょう。(『決算が読めるようになるノート』シバタナオキ)

※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2018年5月22日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:シバタ ナオキ
SearchMan共同創業者。東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻 博士課程修了(工学博士)。元・楽天株式会社執行役員(当時最年少)、元・東京大学工学系研究科助教、元・スタンフォード大学客員研究員。

スマホ業界は大きな転換期。出荷数の頭打ちで量より質の時代へ

【2018年版】スマートフォンの最新トレンド

今回は、スマートフォンのデバイスの売れ行きトレンドとアプリ業界の現状と将来予測を合わせて眺めてみることで、現時点で明らかになっているスマホのハードとソフトの両面のトレンドを抑えてみたいと思います。

まずはハードウェアの売れ行きを、海外の記事「Apple iPhone X Becomes World’s Best-Selling Smartphone Model in Q1 2018」を参考に見ていきましょう。

世界出荷台数トップ4を「iPhone」が独占

この表は、2018年の1月から3月の間にグローバルで最も出荷台数が多かったスマートフォンの一覧です。

180524smartphone_1

これを見ると、1台$1,000(約10万円)を超えるアップルの「iPhone X」がついに1,600万台を出荷し、グローバルの市場シェアを4.6%獲得しています。

ちなみに2位から4位までも「iPhone」となっており、5位の「Xiaomi Redmi 5A」というのは、インド向けに開発された廉価版の端末です。

売上絶好調「Apple」の決算は?

ここで少しだけ、2018年1月から3月期のAppleの決算を振り返っておきましょう。

180524smartphone_2

今回のAppleの決算は、特にiPhoneセグメントの成長率が、アナリストの想定よりも順調に推移した結果になっており、台数ベースで見るとYoY+3%売上ベースで見るとYoY+14%という具合に、iPhone Xによる事実上のiPhoneの値上げが功を奏した形になっています。

地域別に見ても、北米でYoY+17%、中国でYoY+21%、日本でYoY+22%という具合に、リッチな国で、高級版である「iPhone X」がよく売れていることが伺えます。

Next: スマホ出荷台数はついにマイナス成長へ。アプリ業界の現状は

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい