fbpx

AIにとって人間が邪魔になる時、助けてくれるのはブロックチェーンかもしれない=高島康司

いま急速に進展している第4次産業革命では、ブロックチェーンとAI(人工知能)の2つが、ビッグデータとともにこの革命を支える中心的なテクノロジーになっている。特に、この2つを融合させる画期的なプロジェクトが出現している。

当メルマガでは。今回から2回に分けてどんなプロジェクトがあるのかを紹介する。これからもっとも期待の持てる分野だ。(『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』2018年5月15日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

環境問題の解決策は「人類絶滅」のみ? AIの暴走を止める術は

人工知能(AI)とブロックチェーンの融合が進む

いまAIをブロックチェーンに融合させて、さまざまなサービスを提供するプロジェクトが進んでいる。こう書いてもなかなかピンと来ないかもしれないので、順を追って説明しよう。

<AIとは何なのか?>

いま世間では、とにかく「AI」がひとつの重要なキーワードとなっており、ネットのみならずマスコミを席巻している。

プロの囲碁棋士に勝利した「AlphaGo(アルファゴ)」や、昨年の10月にサウジアラビアで市民権を与えられたAI搭載型ロボット「ソフィア」などは、それこそ大きなセンセーションを巻き起こした。

「AlphaGo」は才能のあるプロ棋士の直観力さえも超越する知性を備え、また「ソフィア」は人間の会話と表情から相手の感情を読み取り、その場の状況に会った適切な会話ができるロボットである。会話に反応して60を越える表情を作ることが可能だ。

このように、いまやAIが大変に注目されている。では、AIとはそもそもどのようなものであるのか? そしてそれは、既存のソフトウェアやコンピューターとどのように異なるのか? そう訊かれれば、なかなかすぐに答えが出てくるものではないだろう。

キーワードは「自律性」と「自己学習」

AIは、既存のソフトウェアとは根本的に異なる特徴を持つ。それは、高度な自律性と自己学習機能という2点に要約できる。

まず自律性だが、既存のソフトウェアがあらかじめプログラムされたコードに従って動作するのに対し、AIはそのようなプログラムがなくても、自律的に動作するように設計されている。つまり人間の指示を必要としないシステムである。

そして、このような自律的なAIは、刻々と変化する環境に適応し、自己学習しながら一層高度な機能を実現できるように自分で勝手に進化するという特徴がある。ここでもAIの進化は、プログラムを作成する人間には依存しない

ひとことで簡単に要約してしまうと、「AlphaGo」や「ソフィア」に実装されているAIとはこのようなシステムだ。自律性と自己学習機能による独自な進化という特徴は、どのAIも共有する基本的な特徴だ。

Next: AIとブロックチェーンの融合で生まれた革新的なサービスとは?

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい