fbpx

米9月利上げに確信持てず、アンワインドの円高・株安に要注意=ジャクソンホール会合

FRBが9月に利上げを始めるとすれば、何らかのメッセージを市場に伝えるのではとみられたジャクソンホールでのシンポジウム(カンザスシティ連銀主催)でしたが、注目のスタンレイ・フィッシャー副議長の講演内容は、市場に9月利上げを織り込ませるような内容ではありませんでした。(『マンさんの経済あらかると』)

【関連】ついにFRBは賭けに出たのか?ジャクソンホールをエコノミストはこう見ていた

景気面、インフレ面ともにやや残念な結果。中国不安に言及も

9月FOMCでの利上げに自信なし

フィッシャー副議長の話自体は、年内の利上げに対する意欲を示したものでした。つまり、インフレ率が上昇すると信じるに足る理由があること、利上げが実物経済に影響を及ぼすまでには時間がかかるので、インフレ目標が達成される前に引き締めを始めなければならない、などの発言に現れています。

ただし、これは半月後に迫った9月のFOMCで利上げを決断するほどの確信ではありません

例えば、「インフレ率が上昇すると信じるに足る理由」との表現には、FRBが条件としてあげた「十分な」がありません。

実際、副議長が挙げた理由の中には、ドル高や原油安の影響が解消、とありますが、またドル高になり、原油価格は一段と下落しました。

WTI原油先物 日足(SBI証券提供)

WTI原油先物 日足(SBI証券提供)

しかも講演の前日に発表された7月の個人消費、デフレーターの動きは、この自信を揺るがすものでした。FRBがインフレ指標として重視する消費デフレーターは、食料、エネルギーを除いた「コア」で前月比は4ヶ月連続で0.1%の低い上昇に留まり、前年比も6月の1.3%から7月は1.2%に低下しています。

同時に、7月の個人消費は実質で前月比0.2%の増加となったのですが、この指標を織り込んだアトランタ連銀のGDPナウは、7-9月の消費の伸びを3.1%から2.6%に引き下げ、このため、7-9月のGDP予想を、1.4%から1.2%に引き下げました。

景気面、インフレ面ともに、「十分な自信」を与えるものではなく、むしろやや残念な結果となりました。

そして中国不安については、一部にFRBの利上げ予想が中国株を下落させたとの説に対し、株価下落の前からそれは織り込んでいたはずで、利上げ予想だけではないはず、としながらも、責任の一端は感じている言いかたでした。

Next: 中国を「注視する」と明言したFRB、利上げ期待の巻き戻しに要注意

1 2

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額864円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー