fbpx

今秋上場の日本郵政グループ、NTT上場時との「共通点」と「相違点」を探る

依然として世界同時株安による市場の動揺、乱高下は続いています。しかし、「ピンチの後にチャンスあり」とばかりに、注目を集めているのが今秋の大型IPO案件である日本郵政グループ3社ではないでしょうか。『億の近道』に寄稿する炎のファンドマネージャーさんは1987年に上場した同様の大型IPO、NTTを引き合いに出し、その共通点と相違点、上場が期待されるUSJ、LINEについてもメルマガ内で触れています。

今秋注目の大型IPO「日本郵政グループ」。USJ、LINEにも期待大

日本郵政グループのIPOで“お祭り騒ぎ”展開はあるのか

ピンチの後にはチャンスあり。調整終了後にはきっと思わぬチャンスが待っています。

折りしも、本年11月には日本郵政とその子会社であるゆうちょ銀行やかんぽ生命がIPOを予定しており、多くの投資家の関心を集める筈です。このほか今後LINEやUSJといった大型IPO銘柄の上場が控えており、市場は一時的にせよお祭り騒ぎのような展開が期待されます。

IPO銘柄だけに絞った運用をされている投資家もお見えになるかも知れませんが、公募の申し込みに毎回挑戦し当たったら初値で売るという繰り返しでも相当にパフォーマンスは上がっているようです。

ところで、現在、株式市場にはおよそ3600社の企業が上場しています。市場環境にもよりますが、そこに毎年新たに数十社の企業が加わります。時価総額が50億円以下の規模から日本郵政のような数兆円規模まで事業規模の違いこそありますが、IPOする企業の多くは業績の拡大傾向が見られ投資家の期待を集めることになります。

マザーズ市場のような新興市場に上場するベンチャー企業の株価は上場後激しい乱高下が予想され、これから株式投資をしようと考えている株式投資の初心者にとっては取組が難しい面もあります。

これに反して今秋上場予定の大型銘柄は多くの投資家の関心を集めることで継続的で安定的な人気が期待されます。

株式投資の初心者もベテラン投資家もこの秋に予定されている大型銘柄のIPOへの関心を高めて頂きたいと思います。

大きな期待がかかる日本郵政グループ、NTT上場時との「共通点」と「相違点」

<この秋の注目銘柄>日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険
すでにホームページ等に掲載されている日本郵政グループの中期事業計画によると、上場後の企業成長に向けた大型買収や、アセットマネジメント事業等の新規事業の仕込みも行っており、この注目IPO株は長期資産形成、また初めて株式を購入される投資家にはいいでしょう。

国内通信のガリバー企業であるNTT(9432)が、1987年2月に株式を公開した際は上場後2ヶ月で株価が倍になるなど大型企業とは思えないほどのフィーバーぶりを見せたという記憶が多くのベテラン投資家の脳裏に残っています。

かつてのNTT同様に日本郵政及びその子会社は民営化された巨大企業であり、抜群の信頼性を備えています。
同様にスマホの世界で抜群の知名度を誇るLINEディズニーのようなアミューズメント系で人気を誇るUSJなどの大型IPO銘柄の登場がこの秋、多くの投資家の関心を集めるものと期待されます。

また、NTT(9432)がIPOをしたバブル期と現在では、市場の成熟度が圧倒的に増しており、ちゃんと理論的に評価できる株式市場となってきており、バブル期のような変動の激しい株価リスクは少なくなってきています。
バブル期は、不動産の含み、銀行持ち合い等によって欧米水準とは乖離したPER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)であったのが、現在は欧米水準とほぼ同等の水準で株価も評価されてきています。

また、コーポレートガバナンス・コードの導入により、企業価値を拡大し、投資家へのリターンを目指す経営も根付いてきております。

日本郵政のIPOは、1兆数千億円の資金を市場から吸い上げますが、NTTの初回と同様にキャピタルゲインが大きく期待できますので、その資金がまた株式市場に循環し、株式市場は大いに盛り上がってくるものと期待されます。

億の近道』(2015年8月31日号)より一部抜粋

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい