【展望】波乱含みも相場自体は強い。日経平均は2万2,300円~2万3,150円想定=証券市場新聞

今週のレンジは2万2,300円~2万3,150円を想定する。米国の対中追加関税など波乱要因はあるが、相場自体は強いと思われるため「突っ込み買い」で対応したい。href=”https://i.mag2.jp/r?aid=a5b8b7a54ad455″ target=”_blank”>証券市場新聞 公式有料メールマガジン』)

※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2018年8月31日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

スマホで購読できる証券専門紙『証券市場新聞』の日経平均展望

高値奪還前に日柄調整か? 相場自体は強い

先週の日経平均は8日連続で上昇し、上昇幅は約670円となった。30日には2万3032円17銭の高値を付けたが5月21日の高値2万3050円39銭には届かなかった。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

4回目の高値更新チャレンジであったが、連騰疲れのためか勢いがなかった。日経平均では高値チャレンジであったが、TOPIXでみるとまだまだ水準は低い。

TOPIXの直近高値は7月27日の1775.76ポイントであったが現在のTOPIXは約1730ポイントである。相場全体の動きを表すTOPIXの動きは盛り上がっていないということだ。

TOPIX 日足(SBI証券提供)

TOPIX 日足(SBI証券提供)

それゆえにNT倍率も5月21日は12.68倍だったが現在は13.15倍となっており日経平均に連動する銘柄だけが集中的に買われていることがわかる。

今週の想定レンジは2万2300円~2万3150円

4回目の高値チャレンジが失敗かどうかは、この上昇で形成した「窓」を埋めるかどうかであろう。

24日(2万2602円24銭)~25日(2万2682円39銭)で「窓」を形成している。この窓を埋めるような下落になれば上昇は一服となろう。

チャート的には一目均衡表の転換線が2万2540円処に位置しているがこのラインを割ってくるとチャートは崩れることになろう。

その際の下値は前回記載した下値抵抗ライン2万2100円前後までは下落する可能性があろう。

「窓」を埋めずに日柄調整の高値取りを期待するが、今週には米国が中国の輸入製品に対して2000億ドルの追加関税を発動すると噂されており、発動により中国の行動によっては相場にとって波乱要因となろう。

相場自体は強いと思われるため「突っ込み買い」で対応したい。今週は2万2300円から2万3150円を想定する。

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2018年8月31日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン』(2018年8月31日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

[月額3,780円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)今月5/20回(最終2017/04/12)]
タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を発行しております。平日の毎日、新聞では紹介できない特別な情報をメールマガジンで配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい