fbpx

罠に嵌められたドイツ。フォルクスワーゲンとイスラム国を結ぶ点と線

シリア難民問題にフォルクスワーゲンショック。どうやらドイツは罠に嵌められ、集中砲火を浴びる立場に置かれた感があります。「泣きっ面に蜂」とか「弱り目に祟り目」と言いますが、往々にして関連はあるもので、これらの背景にはロシアそしてサウジアラビアの影が見え隠れしています。(本格株式講座 世界情勢最新分析報告書)

プーチン・ロシアと、イスラム国を裏で操るサウジの暗躍

罠に嵌められたドイツ

日本時間9月22日夕刻に露見したフォルクスワーゲン(VW)の不正問題で、米国の排ガス規制に抵触しない様に数値を改竄していたことが発覚、大問題となっています。

一説には、最終的に特別損失が邦貨換算で2兆円を突破するとの試算も出ていまして、流石の市場関係者も「見ざる、聞かざる、言わざる」を決め込めなくて困惑しています。

一報が伝わったのは、ソウルと上海市場が引けてから、香港とムンバイ(インド)は時差の関係で引け際に株価指数が揺れ動き、欧州市場は寄り付きから混乱を呈しています。

ですが衝撃が地球を一周し、残った市場でもその影響が反映されている一方、東京市場だけは連休で織り込むことが叶わないので困ったことになっています。

どうやらドイツは罠に嵌められ、集中砲火を浴びる立場に置かれた感があります。

サウジアラビアが後援していると推測される「イスラム国」が、意図的に難民を生み出しているのは明らかで、これまでのドイツは積極的に受け入れてきたものの、従来は小規模でしたので余裕がありました。

ですが「イスラム国」に弾圧されている人々にドイツの厚遇が伝わると、雪崩を打つかの如く、シリアからドイツに向かって「民族大移動」が始まったのはご存知の通りです。

その経路となった東欧諸国および中欧各国にしてみれば迷惑な話で、すでに押し付け合いが始まっていますが、大義名分を振りかざしていたドイツも遂に本音を吐露し、難民申請者12万人に関して、EU(欧州連合)加盟各国に割り振ることを提案、一部構成国の反対を押し切り、全会一致を原則とするEUとしては異例の多数決で押し切りました。

今回の決定は、間違いなくEU解体の第一歩に繋がるとみられますが、問題はEU全体の受け入れ人数を「12万人も」と捉えるか、それとも「12万人しか」と解釈するかにあります。

すなわち難民側から言えば、「12万人しか」受け入れて貰えず、一刻も早いドイツ到着を求めることになります。

ドイツを次々と襲う「弱り目に祟り目」は偶然ではない

留意すべきは、「イスラム国」と密航業者が結託している事実で、密航の手配を黙認する代わりに、一部をピンハネしています。

したがって早晩、難民申請者が上限を超えるのは火を見るよりも明らか、その際にEUが受け入れ枠を拡大できるかと言えば甚だ疑問です。

結局、折衷案として小幅の増員と国境規制強化の併用に落ち着くでしょうが、抜本的解決には程遠いどころか、新たな火種を生むことになります。

難民の受け入れを主張するドイツですら、反難民感情が高まるでしょうし、EU加盟国内では、極右勢力が台頭し難民及び移民と鋭く対立することになります。

なかんずく、国境規制を強化された場合、先に到着した移民が家族や親族、知人を呼び込むことが出来ずに不満を抱く一方、国境で足止めを喰らった予備軍と、入国を阻止する官憲との間に軋轢が生じるのは避けられない話ですから、事件や事故が発生しても不思議ではありません。

いずれにせよ、最後に槍玉に挙がるのはドイツで、他のEU加盟国からも憎まれますし、(シリア系)難民もドイツを非難することになります。

そんな状況下で、ドイツの大手自動車メーカーであるVWの不祥事が明らかになるのは偶然でしょうか。

VWについては、良からぬ噂が漏れ伝わってきていましたが、いきなりこれだけの醜聞が明らかになるとは、市場も夢想だにしていなかったと考えられます。

「泣きっ面に蜂」とか「弱り目に祟り目」と言いますが、往々にして関連はあるもので、次の点を考慮すれば、必然であることもうなずけます。

Next: 欧州混乱の背後に「ロシア・サウジアラビア同盟」イスラエルはイラン攻撃へ?

1 2

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

本格株式講座 世界情勢最新分析報告書

[月額1,728円(税込) 毎月第1水曜日・第1土曜日・第2水曜日・第2土曜日・第3水曜日・第3土曜日・第4水曜日・第4土曜日(年末年始を除く)]
工事中です。暫くお待ち下さい。ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。メルマガタイトルよりご想像頂ければ幸いです。(本誌執筆者)

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい