fbpx

【10月米雇用統計】平均時給9年半ぶりの3%上昇か? ドル円の値動きと今夜の戦略=ゆきママ

米中貿易摩擦、中東情勢の不安定化、ブレグジット、イタリア予算問題と、ここ最近は悪材料が目白押しとなっています。株式市場も含めて荒れる中、果たして今日の雇用統計はどう動くのかを解説していきたいと思います。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

想定レートは1ドル=112.4~113.3円、今夜のトレード戦略は?

メカニズム的にドルは売られにくい

株式市場が大荒れとなる一方で、ドルインデックス(主要国通貨に対するドルの総合的な価値を指数化したもの)は非常に堅調な値動きが続いています。おかげで、ドル円相場もドルに引っ張られる形で、非常に底堅い値動きとなっています。

この現状のドルの強さの背景には、なんだかんだ言っても米国経済一人勝ちですから、ドル需要が非常に高いことが挙げられます。

やはり新興国経済がイマイチなこともあり、米国に資金は還流しがちですから、少なくとも年末までは高いドル需要が続くとされています。ですので、少なくとも、そこまでは極端にドルが売られるような展望を描くのは難しいでしょう。

また、このドル調達コストの上昇も米国債に資金が向かいにくいという点で、米朝金利(10年債利回り)を下支えしています。

これまでのパターンだと、株が売られると代わりに米国債が買われ、長期金利は下がることが多かったですが、ドル調達コストが高いため、金利がもっと高くないと米国債を買うという選択肢は取りづらいのです。

そう言った意味でも、現状は金利高が維持されやすく、市場の流れのメカニズムから考えて、ドルは売られにくいということを意識してトレードしていく必要があるでしょう。

Next: 先行指標はやや弱め、ハリケーンの影響も気がかり

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい