fbpx

カセットコンロだけじゃない!岩谷産業は“国策”水素自動車関連の大本命

岩谷産業<8088>と言えば、株式投資をやらない人でも一度はこの会社の「カセットこんろ」のお世話になったことがあるのでは?そんな岩谷産業は古くから水素を取り扱い、国策である「水素自動車」関連銘柄の大本命でもあります。

直近の株価は買われすぎの反動もあり冴えませんが、元日本株ファンドマネージャーの若林利明氏は、今後も折に触れて人気する可能性が高く、また保有期間に制約の少ない個人投資家向きの銘柄であると見ています。

岩谷産業は外国人保有比率減少のこれからが狙い目

F.マネージャーの視点を学ぶ。「国策銘柄」への投資スタンス

銘柄選択の基本は利益の持続的伸びですが、その伸びの具体的プロセスが明確にならないまま株価だけ上昇する銘柄があります。

株式市場には、国、社会の流れに沿ったところに利益の源泉を見出すことができる会社が出現します。その流れの中に当該銘柄がイメージ出来ればそこが株価のスタート地点です。一般的に材料株と言われ個人投資家に結構人気があります。

ただし、この動きにも一過性のもの、継続して輝く銘柄、さらに中身を見ると業務の一定部分が関係するだけの場合、全面的に関係する場合と千差万別です。

この種の話に乗りづらいのが機関投資家です。単にストーリーを買うだけでは、すべての投資家が共通の舞台で演技することになります。プロの投資家として説明責任を果たすことを考えると、大衆迎合的な投資として積極的な評価がされない可能性が高いと思われます。

もし、機関投資家が積極的に買うとすれば、当該企業の恩恵を利益の寄与度を中心に具体的に説明にする事が必要となります。

環境関連銘柄、排ガス対策銘柄、防衛関連銘柄等過去にも多くの国策銘柄ストーリーが市場を賑わせました。

みんなと一緒の船に乗りたいとする投資家のニーズを満たすように証券会社、投資関連雑誌は○○関連の文字が踊ります。短期間に株価が上昇、結構な成果が出る場合もあります。

ところが、市場の関心が別のものに移ると潮が引くように投資家の関心が薄れ株価は音もなく崩れます。

岩谷産業<8088> 日足(SBI証券提供)

岩谷産業<8088> 日足(SBI証券提供)

ここで取り上げる岩谷産業は、典型的な国策関連銘柄です。

Next: 悪い話は2015年3月期で一段落、岩谷産業の見逃せない強みとは?

1 2

無料メルマガ好評配信中

投資の視点

[無料 週刊]
「投資の視点」はより実践的な株式投資の力をつけるための講座に衣替えしました。真に投資の力をつけるには以下の3つの要件が必須です。
(1)中立の立場
(2)実務の専門家(講演の専門家ではない)
(3)もれのない講座体系
大手経済新聞社OBを中心に、ファンドマネージャー、チャーチスト、財務分析とポートフォリオ運用の専門家が集結してこれらの要件を満たす講座を立ち上げました。講座は「資産運用のブティック街」として、市場の切り口、テクニカル分析、企業の財務、ポートフォリオ戦略―の4つのテーマに整理・提供いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー