日本郵政グループ3社上場に想う~アベノミクス相場とNTT上場のあの頃 – 山崎和邦 わが追憶の投機家たち

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家や重大事件を振り返る本連載、今回のテーマは日本郵政グループ上場。山崎氏は、NTTやJTなど過去の大型上場の経験も踏まえ、郵政上場は「すでにピークをつけたかもしれない」安倍政権やアベノミクス相場の今後を占う重要なカギになるとします。

【関連】大蔵省証券局と三重野日銀の大罪 平成バブル崩壊の真相(前編)

人気いま一歩の郵政3社とNTT、JTを比較すれば

いよいよ郵政グループ3社の上場が近づいてきた。「見せ場」が終わり「正念場」を迎える安倍内閣、これを乗り切れなければ「修羅場」だし、下手をすると「土壇場」を迎えることになる。

米利上げを巡る怖気は今後も第2波、第3波と広がろう。しかし週報(有料メルマガ『投機の流儀』)で何度も言ってきたが、お化けは実際に姿を現せば怖くなくなる。

その中で10月に日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の値決め(仮条件決定7日、ブックビルディング8~23日)があり、11月4日に上場の段取りだ。これは大袈裟に言えば嵐の中での船出となろう。

発足以来ツキまくってきた安倍内閣は、宿願の安保の強行採決の後、市場から試されるまさに正念場を迎える

引き合いに出されることの多い昭和62(1987)年2月のNTT上場は、バブル相場の6合目だったし世間も浮かれていた。国が売り出すものなのだから国民に損をさせるはずがない、という理屈が真顔でまかり通り、その結果は売り出し価格119.7万円に対し初値160万円、高値は300万円超。何も知らずに買ったOLたちや小父さん小母さんたちが大いにトクをした。

もっとも、第2次、第3次の売り出しでは、柳の下にドジョウは居なかったが。

そしてバブル崩壊後の1994(平成6)年10月、不良債権山積みの中で上場を果たした日本たばこ産業(JT)は売り出し価格143万円を深く割り込み初値119万円となり、5年後の1999年には一旦売り出し価格を抜いたものの大勢に抗しきれなかった。その後、所謂「小泉相場」に乗って株価を回復し、2倍を超えたのは上場13年後のことだった。そして今では3倍以上となってはいる。

さて、郵政3社上場には1.4兆円が要る。全株を売り出すと4兆円になる。9月第3週の週初は通信株の下落率が大きかった。これらが人並み以上に下落したのは10月にブックビルディングがあり11月4日上場の郵政3社に1.4兆円が要るからその準備であろうかと勘繰りたくもなる。が、実は安倍首相による携帯電話料金を下げるべしとの鶴の一声が原因らしい。

はては、10月にブックビルディングをやる3社の株価を安くさせ、上場後の上昇を成功させるのだという“陰謀説”まで出だしている。

通信株の時価総額はNTTドコモ、KDDI、NTT、ソフトバンクの時価総額上位4社だけで33兆円だから東証1部時価総額の6%を占めてしまう。だが通信株は郵政3社の類似業種比準方式で株価を決める場合に類似業者ではない。

郵政3社は今の地合いでは人気はいま一歩だ。とはいえJTは上場当時、煙草などという不健康なモノを政府が上場企業として公開することに批判もあり人気がなかったが、しかし後で大幅に上がった。静かに生まれたものが後で育つ、ということを市場は知った。

いっぽうでNTTの第2次売り出しは抽選になるほどの人気ぶりだったが報いられなかった。人気だけで一概に判断はできない。

Next: アベノミクス相場の命運を握る郵政3社上場の要点

1 2 3 4

山崎和邦(やまざきかずくに)

山崎和邦

1937年シンガポール生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。野村證券入社後、1974年に同社支店長。退社後、三井ホーム九州支店長に、1990年、常務取締役・兼・三井ホームエンジニアリング社長。2001年同社を退社し、産業能率大学講師、2004年武蔵野学院大学教授。現在同大学大学院特任教授、同大学名誉教授。

大学院教授は世を忍ぶ仮の姿。実態は現職の投資家。投資歴54年、前半は野村證券で投資家の資金を運用、後半は自己資金で金融資産を構築、晩年は現役投資家で且つ「研究者」として大学院で実用経済学を講義。

趣味は狩猟(長野県下伊那郡で1シーズンに鹿、猪を3~5頭)、ゴルフ(オフィシャルHDCP12を30年堅持したが今は18)、居合(古流4段、全日本剣道連盟3段)。一番の趣味は何と言っても金融市場で金融資産を増やすこと。

著書に「投機学入門ー不滅の相場常勝哲学」(講談社文庫)、「投資詐欺」(同)、「株で4倍儲ける本」(中経出版)、近著3刷重版「常識力で勝つ 超正統派株式投資法」(角川学芸出版)等。

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1500円(税込) 毎週日曜日配信]
市況動向や世界的超金融緩和の行く末を、学者兼投機家の視点で分析。読者質問コーナーでは活発な意見交換も。初月無料で会員限定の投機コミュニティを覗いてみるチャンス!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい