fbpx

米国の4人家族は世帯年収1,000万円が中央値、日本は急速に豊かさを失っている=田中徹朗

衰退する日本と一緒に沈まないためには、どうすればいいのか。まずは、日本が沈んでいる事実を受け止め、海外の成長に目を向ける必要があります。(『一緒に歩もう!小富豪への道』田中徹郎)

【関連】税務署員は皆やっている!「扶養控除」で税金を裏技的に安くする方法=大村大次郎

プロフィール:田中徹郎(たなか てつろう)
株式会社銀座なみきFP事務所代表、ファイナンシャルプランナー、認定テクニカルアナリスト。1961年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、三洋電機入社。本社財務部勤務を経て、1990年ソニー入社。主にマーケティング畑を歩む。2004年に同社退社後、ソニー生命を経て独立。

急速に豊かさを失っていく日本で、どうすれば生活を維持できる?

日本は衰退へ向かっている

今回は衰退する日本に住む私たちが、日本と一緒に地盤沈下してしまわないために、どのような行動をとるべきなのか。

この点について少し考えてみたいと思います。

そのまえに、そもそも日本は今、ホントに経済的に衰退しつつあるのでしょうか。

僕はイエスだと思います。

1人あたりにGDPやその成長率、サラリーマンの年収や人口ピラミッド、わが国の財政状態や企業の競争力低下などなど……。

もちろん教育水準や学力のように、いまでもソコソコ高い位置づけにある項目もありますが、総じて衰退期に入りつつあるとみて間違いないでしょう。

米国では世帯年収1,400万円でも低所得者?

象徴的な数字を1つ上げさせていただきますと、以下のような世帯の年収比較です。

驚いたことにアメリカのサンフランシスコでは、年収1,400万円の4人家族世帯を「低所得者」に分類したそうです(筆者注:アメリカ住宅都市開発省の調査による)。

サンフランシスコは極端な例ですが、アメリカ全土をみても、4人家族世帯の年収の中央値は1,000万円を超えています。

日本で世帯年収1,000万円といいますと、堂々上位10%に入る高所得者層です。

上を見ればキリがありませんが、それでもホンの20年ほどの間に、私たちはずいぶんと貧しくなったことがよくわかります。

もちろん主に相対的な意味での貧困ですが。

さらに今後を見渡しても、近々この傾向が変化するとは思えません。

アメリカだけでなく、中国やASEAN、インドなど新興諸国に比べても、私たちは日本の経済的な衰退を、避けられない現実として受け止めるべきではないでしょうか。

Next: 急速に豊かさを失っていく日本で、どうすれば生活を維持できる?

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー