fbpx

カジノ汚職の裏で見逃されているヤバい現実~経済効果なくギャンブル依存症急増へ=浜田和幸

国会議員が賄賂を受け取ったとされる「カジノ疑惑」。野党はこれで安倍政権を追い詰めると意気込むが、与党も野党も大事な視点を見落としているのではないか。(浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』浜田和幸)

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2020年1月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき)
国際政治経済学者。前参議院議員。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。

経済的恩恵はない?ギャンブル依存症とうつ病が増加するだけ…

「桜を見る会」と同じぐらいヤバい?

現職の国会議員がワイロを受け取った容疑で逮捕されるという「カジノ疑惑」で、年末年始はNHKのニュースも民放のワイドショーもにぎやかだった。

何しろ、他にも政治献金や講演謝礼という名目で金品を受け取ったと疑われる議員が後を絶たないため、野党は「桜を見る会」問題と、新たに浮上した「カジノ疑惑」で安倍政権を追い詰めると新年早々、意気込んでいる。

しかし、与党も野党も大事な視点を見落としているのではないか。

「日本を世界第3のカジノセンターにする」

そもそも安倍首相が「カジノ誘致は日本経済復活の起爆剤」と、のろしを上げたのは6年前のこと。

以来、「カジノ議連」を発足させ、安倍首相自ら海外訪問の機会を利用し、各地でカジノの視察を繰り返してきた。

「カジノ議連」は「アメリカ、マカオに次いで、日本を世界第3のカジノセンターにする」と気勢を上げてきたものだ。

安倍首相としても、盟友トランプ大統領の意向もあり、カジノリゾート構想には大いに期待を寄せている。

トランプに恩を売りたい安倍首相

トランプ大統領の最大の支援者こそ、ラスベガスやマカオに数多くのカジノを所有し「世界のカジノ王」と異名をとるエーデルソン氏に他ならない。

しかし、近年、アメリカでもマカオでもカジノの経営不振が目立つようになり、エーデルソン氏は形勢逆転の機会にしたいと、「間もなくオリンピックが開催され、世界中から観光客が殺到する日本にカジノをオープンさせたい」との構想を温めてきた。

すでに、日本のゲーム機器メーカーやエンタメ企業とも話を進め、横浜を第一候補地として市場調査や関係先への根回しをほぼ完了している。

その過程では、今回、疑念を向けられている「カジノ議連」所属の国会議員よりはるかに影響力のある有力議員への働きかけが行われていた。

要は、エーデルソン氏のカジノが開業すれば、安倍首相はトランプ大統領に大きな恩を売れると踏んだに違いない。

Next: カジノに経済的恩恵なし。さらにギャンブル依存症とうつ病が増加する

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー